Image 01

木製オーナメントで、夏も楽しめるツリーを。

気がつけば5月。冬物のコートやフカフカのラグは、すっかりクローゼットにしまってしまったのに、部屋の角では「クリスマスツリー」が所在なげにポツンと立ったままでした。ブルーが爽やかな木製オーナメントを購入し、「夏のツリー」づくりに挑戦です。

Author meru

めるminneとお買いものが大好きなディレクター。息をするようにお金をつかってしまう。好きな食べものはお肉。

木製オーナメント3点セットA

nachi73612

https://minne.com/items/7392700

窓際で日差しを浴びるクリスマスツリー。なんと去年の11月から、こうしてここに立っています。「仕舞わなければ」「はやく、仕舞わなければ…」、焦る私をよそに時間だけが過ぎていきました。しかし、この大きな白枝は、いったいどこに仕舞えばいいのでしょう…。ベッド下?クローゼット…?

入りませんでした。

こうなれば、ツリーを「仕舞う」という発想はやめ、真夏も乗り切れる「サマーツリー」をつくってみよう、とさわやかな木製オーナメントを買ってみました。丸・六星・三日月の3点セットで、今回は2セット購入。作家さんからの丁寧なお手紙に、俄然やる気が湧いてきました。

そして完成したのがこちら。厚さ5mmの木製なので、枝に負担も少なく軽やか。貝殻のガーランドといっしょに飾ると、さらに夏らしい雰囲気に。11月のクリスマス準備まで、我が家はこのサマーツリーで乗り切れそうです。