Image 01

大切なひとに贈りたい、素朴であたたかな器たち。

6月18日は「父の日」。贈りものは、もう準備されましたか?今回は、素朴であたたかみのある器を自宅の工房でつくられている、minneの人気作家「poterie11」さんの作品をご紹介いたします。シンプルでやさしいデザインは、男性にも女性にも喜ばれる贈りものになりそう。

Image 02

poterie11

海のそばの工房で、幸せな時間にそっと寄り添えるような、素朴であたたかみのある器を制作されている、陶芸作家さん。


晩酌にすすめたい、おちょこ

ちょこん、としたフォルムがかわいい「おちょこ」です。高さ4.5センチ。味のある落ち着いたカラーが美しく、晩酌用に贈ると、喜ばれそうな一品です。

この作品を見る

食卓に並べたい、小皿のセット

お塩や小さなおつまみ、お漬け物などを入れると美しい小皿のセットです。おつまみとあわせてギフトセットにするのもおすすめ。「日々の生活に寄り添える作品を」と制作されている作家さんならではの食卓器です。

この作品を見る

それぞれの表情を楽しめるペア小鉢

こちらは、やさしいクリーム色の小鉢のセット。深めのデザインで、それぞれ形状が少しずつ異なります。手づくりが持つあたたかさが伝わる作品です。

この作品を見る

土の素朴な風合いを大切に。

こちらは、やさしいサーモンベージュのお皿。ふちに、ほんのりと橙色の釉薬が出ているのがポイントです。素朴な風合いと使い勝手の良さで、普段使いにもぴったりです。

この作品を見る

どの作品も、心を込めて作陶された1点ものです。酒器や小鉢のセットは贈りものにもぴったり。ぜひ「あのひとに贈りたい」アイテムをさがしてみてください。

この作家さんの作品一覧


「キナリノ」ではインタビュー記事を公開中!

Image 07

キナリノ

実際に「poterie11」さんの工房にお邪魔し、お話をお伺いしました。

インタビューを読む