Image 01

minneスタッフの「かばんの中身」見せてもらいました。

各々の“らしさ”がギュッと凝縮されている、かばんの中身を大公開。第7回目はminneスタッフのめるです

かばんの中は、ポーチでいっぱい

忘れものの多いわたしは、いつからかその対策として「常になんでも持ち歩く!」ように。かばんの中には、いつも入る限りのアイテムを詰め込んでいるので、整理するためのポーチでいっぱいです。作家さんやユーザーさんのもとへ取材でお伺いすることも多いわたしの、かばんの中身をご紹介します。

【かばんの中身】
化粧ポーチ
ペンケース
・メモパッド
ピアノのスマホケース
ピアノのキーホルダー
名刺入れ
がま口
小物入れ
水兵さんのポーチ
小銭入れ
財布
おじさんカード
・お仕事グッズのポーチ


ピアノとレオパードが定番に

Image 03

お財布は、最近新調しました。大阪の革作家さんの作品で、デザインはもちろん使い心地も抜群です。レオパード柄の小銭入れも同じ作家さんのもの。今は、ICカードを入れて定期入れとして使用しているのですが、改札前ですぐに取り出せるよう、普段は白い毛糸のぽんぽんを結びつけて使っています。最近、趣味のピアノをモチーフにしたグッズも身のまわりに増えてきました。スマホケースにはニックネームを名入れしてもらっています。鍵につけているキーホルダーは、小銭が収納できるところもお気に入り。

・「新進工房」さんの財布
・「新進工房」さんの小銭入れ
・「☆kayu☆」さんのぽんぽん
・「by-papico」さんのスマホケース
・「crafta」さんのキーホルダー


取材の必需品は「見せたくなる」こだわりグッズ

Image 04

名刺入れは、先輩の真似をして買った革作家・440さんのパンツデザイン。キルトのペンケースと、クリアポーチは仕事道具が入った必需品です。作家さんの取材に出かけることが多いので、メッセージカードとICレコーダーを持ち歩いているのですが、レコーダーを収納しているソフトクリームのケースは自分で手づくりしてみました。カードは、「おじさんプレミアムボックス」というステーショナリーセットに入っていたのですが、くすっと笑えてかわいくて、とってもおすすめ!好物のエビフライは木製ブローチになっています。

・「440」さんの名刺入れ
・「L u L u」さんのペンケース
・「くわのこプロ」さんのおじさんプレミアムボックス
・「marimacho」さんのエビフライブローチ


ポーチはそれぞれ用途を分けて

Image 05

左奥のポーチは化粧道具を入れています。リバティ柄ですがラミネート加工されたものなので、コスメで汚れてしまってもサッと水拭きできるのでとても便利。ファスナーにつけているタッセルは、タッセル作家・tassel de sicaさんのものです。ヴィンテージタトゥーの絵柄をモチーフにしたという刺繍のポーチは、今週から使いはじめたばかり。中に入れているのは絆創膏や頭痛薬なので、これからわたしの救急箱として活躍してくれそうです。小さな小さなポーチには練り香水を偲ばせてサシェのように使っています。ちなみに、この女性の名前は「ベティ」。

・「atelier Hanaya」さんのラミネートポーチ
・「うめだゆみ」さんの手刺繍SAILOR GIRLポーチ
・「うめだゆみ」さんの小物入れ「BETTY」


がま口には、お気に入りのブローチ

Image 06

仕事で出会った女性が「ブローチって、つけない人は一生つけないアイテムですよね」とお話されていました。たしかに、ファッションにうまく取り入れるには少々テクニックが必要なのだろう、とこれまで手にしてこなかったのですが、せっかくなら「わたしも、ブローチのある人生がいいなあ」と、それを機にすこしずつ集めるように。今では、れんこん・ちょうちょ・お花… かわいいモチーフを見つけては、バッグや洋服につけて楽しむようになりました。

・「printemps」さんのがま口
・「2493(ニシクミ)」さんのマーガレットブローチ
・「choro」さんのちょちょブローチ
・「totoi」さんのお花ブローチ
・「marimacho」さんのれんこんブローチ


タッセルチャームが主役

Image 07

去年のクリスマスに購入した、tassel de sicaさんの「クリスマスコフレ」。その中に入っていたタッセルチャームをどうしてもバッグにつけたくて、この白いバッグを買いました。かなりお手頃価格のバッグですが、このタッセルのおかげで「こだわりバッグ」に見えると好評なんです(笑)。

・「tassel de sica」さんのタッセルチャーム