Image 05

作家さまの素敵なひと手間「わたしのつつみ方」(3)

minneでご活躍中の作家のみなさまに「作品の箱詰めの仕方やラッピングを教えてください!」とお願いしてみました。心を込めて届ける素敵なひと手間。作家さんのこだわりがギュッと詰まったつつみ方をご紹介します。

作家のみなさまの「#わたしのつつみ方」を教えていただきました

6月4日より、Twitterにて「#わたしのつつみ方」というハッシュタグで、作品を送る際のラッピング写真を募集したところ、素敵なお写真が続々と集まってきました。その一部をご紹介する第3弾。手元に届けば、思わず笑みがこぼれるような工夫がいっぱいです。


気持ちのこもったハートを添えて

Image 01

クロスステッチ作品を手がけるweekendstitchさんのラッピングには、作家さんの真心が伝わるクロスステッチでつくられた小さなハートがついています。作品に合わせてハートの色を変えるのもラッピング時の小さな楽しみなのだそう。

このラッピングで届く作品

ツバメが想いを届けてくれる

Image 02

絵本から飛び出してきたような紙雑貨店のミヨシヒロミさんの作品は、紙を守るため、厚紙を当て、ロウ引き紙でくるみ、麻ひもで丁寧にくくられています。封筒には幸せを運んでくれるツバメのスタンプが押してあり、幸せとともに作家さんの想いも伝わってくるよう。

このラッピングで届く作品

2種類から選べるラッピング

Image 03

プラ板を使ったアクセサリーを手がけているcheechikiさんのラッピングです。左が無料ラッピングで右は通常梱包。無料ラッピングにはロウ引きした封筒を使用しているため、中身がうっすら見え、開ける前からワクワク感がこみ上げてきそう。通常梱包に使用されている掛け紙やリボンも素敵にあしらわれています。

このラッピングで届く作品

リボンやモールで作る小さな宇宙

Image 04

宇宙や星座をモチーフにした作品を多く手がけるナツノニワさんのラッピングは、中の作品と同様、青を基調としたラッピングが施されています。オーロラのようなリボンや、流れ星に見立てたモールなど、宇宙好きの方へのプレゼントにぴったりなラッピングです。

このラッピングで届く作品

ナチュラルに飾られた宝箱

Image 05

「作品に出会える前にもわくわくどきどきを届けたい」そんな思いを込めて作品を包んでいるというくるみドリームさんのラッピングは、作品たちのナチュラルな雰囲気に似合ったお花やリボンが使われた宝箱のよう。ひとつひとつにこだわりを感じる素敵なラッピングです。

このラッピングで届く作品


みなさま素敵な投稿をありがとうございました。引き続きminne mag.では、みなさまの「箱詰めの仕方」「ラッピング」を募集しております。「#わたしのつつみ方」と「#ミンネ」をつけてTwitterでご応募ください。


minneからの募集情報はこちらをチェック »

minneの公式Twitterアカウント