Image 01

【minne×haco!】作家さんとつくった「ワンポイントに取り入れたいオーガニックコットンアイテム」

「作家さんもインドの綿農家さんも大地もハッピーに!」という想いのもと、 minneとhaco!がコラボレーション。量産のお手伝いや販路拡大など作家さんの「困った」を解決していくプロジェクト【one+more プロジェクト】が始動しました。

第一弾はminne作家さん8名が、インド産PBPオーガニックコットンを使って作品を制作。出来上がった作品は基金付きで販売し、インドの綿農家や大地の支援につなげていきます。

今回は、そんな一大プロジェクトで生まれた3人の作家さんの作品をご紹介します。


onomatopeeさんの「キャベツ刺繍バッグ」

onomatopeeさんとのコラボで生まれた作品は、以前minneでも発売されていた繊細な刺繍が特徴のキャベツ刺しゅうバッグ。とっても時間がかかるため販売を中止されていましたが、今回のプロジェクトにより復活!ひと味違った雰囲気の新しいカラー展開にもご注目ください。

onomatopeeさん

作品を手に取った時の「驚き」や「感動」を大切にしているので、キャベツの刺繍が原画のように緻密に再現されるのかドキドキでした。葉脈のジグザグステッチが見事に再現されており、『すごい!インドの方達 ありがとう!!』と感動してしまいました。

ミックステイストがおすすめ

今回のプロジェクトでは、スペシャルバージョンとしてゴールドとシルバーの2色をご用意いただきました。糸の色で印象もガラリと変わりますね。そんなキャベツバッグのおすすめのコーディネートをお伺いしました。

onomatopeeさん

おすすめは、ナチュラルな着こなしに少し攻めたキラリと光るキャベツバッグをポイントにしたミックステイストな合わせ方。大人っぽいモノトーンコーディネートにもピリッと映えそう!

感動体験を共有

普段はお一人で作品をつくられているonomatopeeさん。今回のプロジェクトでは企業とのコラボレーションでということで、初めての体験が多かったそう。普段の作品づくりと違ったことをお伺いしました。

onomatopeeさん

普段は一人で悩みながら完成へと近づいていくのですが、今回はhaco!のスタッフさんとの相談しながら完成へと向かう工程が頼もしく楽しく、時には不安も共有して前に進んでいく感じがとても新鮮でした。完成した作品を一緒に手にした「感動」までを共有できるってなかなか無いので、素晴らしい経験だったなと思っています。

購入はこちら


tieさんの「ブローチにもなるネックレス付きブラウス」

ハンドメイド大賞2017年のベビーキッズ部門賞を受賞されたtieさん。今回のプロジェクトで完成したのは「ブラウス&アクセサリーセット」。肌触りのいいダブルガーゼは、これからの暑い季節に心地よさや風合いを肌で感じてもらえるようにと選ばれたそう。

tieさん

一番のポイントは、普段作品づくりに使用しているオーガニックコットンのハギレをあわせて生まれた、ネックレスとブローチにもなるアクセサリーです。普段の制作で使用する質の良いオーガニックコットンのハギレがもったいなくて捨てられず、それを使用したブローチや小物も制作しています。haco!様との打合せの際、可能ならそのハギレを取り入れた作品にしたいと提案させていただきました。

いつもと違った選択肢

ネックレスをつけたときのバランスを考え、衿は少し詰まり気味に。衿ぐりと裾は杢調のニュアンスのある配色素材をセレクトし、後ろ姿は涙あきとボタンをひと粒。まわりにギザギザが入った、貝ボタン風のボタンがさりげないアクセントになっています。

tieさん

haco! 様とのコラボだからこそ、普段は選ばないような明るい色の生地を選んでみたり、いつもと違う選択肢が増えたことがとても新鮮でした。ブラウスは後ろ側の丈が少し長めになっていて、パンツでもスカートでもバランス良く着こなせるデザインです。カジュアルなパンツスタイルも、スカートにインしたキレイめなスタイルも、どちらのコーディネートでもアクセントになるピンク色のブラウスは、きっと心も明るくしてくれるはずです。

アレンジして楽しめる

今回セットになったネックレスはチェーンが取り外せるようになっており、ブローチとしてもお使いいただけます。つける位置や角度によっても印象がガラリと変わるそう。ブローチの裏側にはちょうど今の季節の夜空に見える星座の刺繍が施されており、細かいところまで作家さんのこだわりを感じられます。

tieさん

ハギレのアクセサリーは、ブローチや、ネックレスにしてみたり、お手持ちの洋服と合わせたりと、その日の気分に寄り添ってくれます。アクセサリーも合わせて、ぜひ自分らしいコーディネートを見つけてみてください。

購入はこちら


tsumikipocheさんの「ゆきぐにくまさんのベビーリュック」

オーダーから半年待ちにもなる人気作家tsumikipocheさん。今回のプロジェクトで完成したのはminneでも大人気の「ゆきぐにくまさんのベビーリュック」。手づくりのこだわりがそのまま再現され、毎日成長する赤ちゃんに少しでも長く使ってもらいたい、という優しい想いがこのプロジェクトで形になりました。

tsumikipocheさん

コロンとしたシルエットはもちろんのこと、忠実に再現していただいたくまさんのお顔がこだわりポイントです。普段、どうぶつさんのお顔が優しく見えるよう茶色の刺繍糸を使って刺繍していますが、haco!コラボの作品でも同じく茶色を使っていただきました。

修正を重ねて生まれたこだわりデザイン

今回のプロジェクトでは、「tsumikipocheといえば!」のゆきぐにくまさんを徹底的に再現。スタッフとの打ち合わせでは、耳の長さまでミリ単位で何度も修正を加えたこだわりのデザインです。

tsumikipocheさん

普段はすべて自分一人で生地選びから縫製までもくもくとやっているので、haco!のスタッフさんと「この色味がいいかな」と相談したり、「ここはこうしてほしい!」など想いを伝える作業がとても新鮮で素敵な経験をさせていただきました。

みじかいベビー期間をかわいく楽しく

バッグの入り口はゴムになっているのでお子さまが使いやすく、ぬいぐるみやおもちゃも十分に収納できます。グレーのお色は女の子男の子問わずにお使いいただけるのも嬉しいポイントです。

tsumikipocheさん

ベーシックな色味で、柄物や無地などにも合わせやすいのがこのリュックの優秀なところです。一歳のお誕生日に一升餅リュックとして、ファーストリュックとしてなど思い出のシーンとしてのこるように使っていただけたら嬉しいです。

購入はこちら


Image 15

one+more プロジェクト

今回ご紹介した作家さんをはじめとするminne作家さん8名の作品は、「minneとhaco!の one+moreプロジェクト」公式サイトにて発売中です。手しごとのぬくもりをそのままに、 インドの上質なオーガニックコットンを使用して完成した作品たちをぜひチェックしてください。

詳細・販売ページはこちら