毎日使うものだからこそ、こだわりの逸品を

中身がひと目でわかるデザイン、日に日に愛着が増すレザーの風合い…どれをとってもパーフェクト。今では私の大切な相棒のような存在になった、オレンジ色のペンケースをご紹介します。

中身がひと目でわかるデザイン、日に日に愛着が増すレザーの風合い…どれをとってもパーフェクト。今では私の大切な相棒のような存在になった、オレンジ色のペンケースをご紹介します。

オン・オフ問わず使えるデザイン

・「みどり」さんの本革ペンケース

仕事だけではなく、プライベートでも持ち歩くことの多いペンケース。「今年もがんばるぞ!」の思いで、年のはじめに購入しました。


素材は“デキる女”を思わせる“レザー素材がいい!”と決めていました(笑)
実際に使ってみると、日に日に手に馴染んでいき、「世界にひとつだけ」のペンケースに育っている様子がとてもうれしくて、愛着は増すばかり。

みどりさん

“高級感”と“耐久性”を兼ね備えているのが、革小物ならではのよさだと思います。丁寧につくられた作品は一生使い続けられますし、私もそのような作品づくりを目指しています。


そしてなんといってもこの収納力。色とりどりの蛍光ペンや付箋まで、たくさん持ち歩いてしまう性分なので本当に助かっています。口がガバッと開くデザインなので中身が見やすいのもうれしいポイントです。

みどりさん

このペンケースはもともと、主人へのプレゼントとしてつくったデザインでした。文房具をたくさん使う仕事なので“大容量かつ、中身が見やすいペンケースが欲しい”ということでこのデザインになりました。私の作品には、“あったらいいな”という身近な人の意見が反映されていることも多いんです。きっとどこかで同じようなものを求めている人がいると思うので(笑)

まさに私も、その“求めている人”のひとりでした。


そして、このペンケースのうれしいポイントがもうひとつ。本体・ファスナーの色を選んで、オーダーすることができるんです。チョイスしたのは、私が1番好きなオレンジ色。毎日デスクの上にある姿を見ては、元気をもらっています。

みどりさん

minneのお客さまは女性が多いので、若い女性の気持ちが上がるような鮮やかな色のヌメ革をつかうようにしています。個人的に無染色の生成りと色革のバイカラーの組み合わせが好きで、よく使っています。もちろん、鮮やかな色だけでなく、男性へのプレゼント用にぴったりな落ち着いた色もご用意していますよ。

大容量、だけじゃない


大容量にも関わらず、閉めるとこんなにコンパクトに。ファスナー部分が持ち手のようになっているので、打ち合わせなどで移動する際には、バッグのように持ち歩くこともできるんです。

私の理想を全部叶えてくれたみどりさんのペンケース。これからも私の大切な相棒として、大活躍してくれること間違いなしです。