遊び心あふれるミニチュアアクセサリー「いちご大福ピアス」

はんなりとおいしそうな和スイーツ「いちご大福」を、粘土で本物そっくりにつくってピアスにしました。ミニチュアサイズですが、いちごや粒あん、皮までもリアルに表現。コーディネートのワンポイントにいかがですか。(「minne HANDMADE LIFE BOOK vol.2」より)

粘土作家。樹脂粘土でミニチュアサイズの食べものやお菓子を制作。本物そっくりの精巧なつくりが人気。また、テディベア作家としても活動。



用意するものはこちら

粘土樹脂(モデナ)
カラー樹脂粘土(モデナカラーブラウン)
アクリル絵の具(青、赤、白)
水性アクリルニス ウルトラ バーニッシュ グロス&サテン
強力接着剤
ボンド
ベビーパウダー
つまようじ
両面テープ(強力タイプ)
カッティングマット
細筆
ピンセット
ニッパー
平ペンチ
カッター
9ピン(15㎜)
ピアス金具

いちごをつくる

よくこねた粘土樹脂(モデナ)を少量とって手のひらで丸め、直径5㎜の玉にします。

つまようじの先端に刺し、上部をつまんでいちごの形にします。

つまようじで表面に等間隔で穴を開け、1日乾燥させます。

赤の絵の具を、水で薄めずに表面全体に塗ったら、しっかり乾かします。

粘土をつまようじから外します。

つまようじが刺さっていた穴に、粘土を詰めてふさぎます。半日ほど乾燥させます。


両面テープで粘土を固定し、カッターで半分に切ります。

赤のアクリル絵の具を水でよく薄め、緑を淡く色付けします。

白の絵の具を、水で薄めずに筆にとり、三角の模様を中央に描きます。


乾いたら、さらに縁から中央に向かって細い線を描き、よく乾かします。

あんこをつくる

カラー樹脂粘土(モデナカラーブラウン)に、赤と青の絵の具を少量混ぜ、よく練ったらほんの少量だけつまんで取ります。

指で丸めて小豆を6粒つくります。残った粘土はまた使うので、ラップに包んでとっておきます。

皮をつくる

樹脂粘土(モデナ)に、白と赤の絵の具を混ぜます。
※赤の絵の具はごく少量でOK。

よく練り、色が薄い場合は少しずつ赤の絵の具を足して調整します。


少量を手に取り、手のひらで丸めて、直径8㎜の玉にします。

先端が丸い筆の柄や、ペンなどを差し込み、ぐるぐると回して穴を広げ、皮を薄くしていきます。

皮の厚さが1.5㎜くらいになるようにします。


指でドーム型に整えたら、皮の完成です。このまま半日乾燥させます。

あんこを詰める

つまようじでボンドを内側に塗ります。

とっておいた粘土を5㎜玉くらいの大きさに取り、皮に入れます。

つまようじの頭で粘土を押して平らにし、さらに中央にくぼみをつけます。

いちごを詰める

くぼみにボンドを塗り、いちごをくぼみに入れます。


ピンセットで押し、しっかり沈めます。

小豆をつける位置に、ボンドを少量つけます。


ボンドの上に、小豆をのせていきます。

ツヤを出し、粉をまぶす

いちごと小豆の部分だけに、筆でニスを塗り、半日乾かします。


ボンドを水で薄め、皮の表面に塗ります。

ベビーパウダーを、乾いた筆にとって皮にまぶし、余分な部分をはらいます。

皮に粉がつきました。

ピアスの金具をつける

9ピンを8㎜の長さにニッパーで切ります。

9ピンの先に強力接着剤を塗り、大福に差し込みます。いちごの位置をよけて刺しましょう。このとき、粘土が乾きすぎると入りにくくなってしまいます。硬い場合は、目打ちで皮に穴を空けてから差し込みましょう。


平ペンチでピアス金具の輪を開いたら、9ピンに通し、輪を閉じます。

しっかり乾燥させたら、同様にもうひとつつくってできあがり。

みんなのハンドメイド本
「minne HANDMADE LIFE BOOK 」
今回ご紹介したレシピは「minne HANDMADE LIFE BOOK vol.2」で詳しくご覧になれます。レシピページのほか、さまざまなハンドメイド作品をご紹介していますので、ぜひ手にとってご覧になってください。

このレシピの掲載号を見る
最新号とバックナンバーを見る