【連載】Instagramとわたし vol.3 〜 minneスタッフが見つめる「Instagram」

minneにおける作家活動に加え、Instagramを使ってファンの方とのコミュニケーションや活躍の幅を広げておられる作家さんにお話をうかがってきた連載「Instagramとわたし」。今回は、ちょっぴり視点を変えてminneの公式アカウントを日々運用している、minneスタッフのお話です。

毎日の投稿

minneのInstagramアカウントは、編集部で日々の投稿内容について定期的に話し合い、それをもとに担当のスタッフが日々の運用をおこなっています。

今回は、もっとも長く「minneの公式アカウント」に携わっているスタッフ・中村(編集部のエミリー)とInstagramについて話してみました。


いちばん最初の投稿って、覚えてるのものですか?

エミリー
2016年の5月17日。これが最初の投稿でした。すごくよく覚えてるんです。

すごい、たしかに2016年の5月ですね。だけど2年以上前。よく覚えてましたね。なにか特別なことがあった?

エミリー
もちろん「最初」っていう特別な気持ちもあったんですけど、実はすべての投稿、本当によく覚えてるんですよ。頭に全部残ってるぐらい。

そうなの?それはまた、どうしてでしょう。

エミリー
きっと投稿するときに、作品の写真をずっと見続けながら「なんて魅力を伝えようか」って、投稿する文言を考えるからだと思うんです。作家さんの説明文も読み込みますし、その情報と写真から感じたことを含めて投稿内容にするので。なんだか、印象が焼き付いてしまって。

そうか。作品写真をまじまじと見つめてる姿はよく見ます。どんなことを考えながら、投稿してますか?

エミリー
素敵だな、かわいいな、って気づいてほしい。それがいちばん大きいし、それだけかもしれない。

作品の魅力をとことん素直に代弁する、それが彼女のこだわりです。

140,000人のタイムラインに届ける

去年、フォロワーがついに100,000人を超えて、今では147,000人を超えましたね。それだけのひとのタイムラインに流れてる、ってことは改めてすごいよね。

エミリー
本当そうですよね。50,000人を超えたときも「たくさんのひとが見てくれてるんだなあ」「すごいなあ」と思いましたけど、100,000人ともなると、なんだか「もっと、ちゃんとしなくっちゃ」というか(笑)。

気が引き締まりますか(笑)

エミリー
そうですね。それまでは「minneをすごく好きでいてくれているひと」だけがフォローしてくれているように思ってたんですけど、もう今は140,000人ですから、きっといろんな方が見てくれてるんだろうなと思うんです。

なにか、変わったことってありますか?

エミリー
紹介する作品の「幅」の広さは意識するようになりましたね。たとえば、メンズアイテムやシーズンにあわせたトレンド作品なんかも、たくさん選ぶようになった気がしますし。

そうだね。そういう視点を持ってみんなで選ぶようになったよね。エミリーちゃんが、そういう視点をすごく大事にしてくれてると思います。

エミリー
たくさんのひとに見てもらってるので。なるべく多くのひとにたのしんでほしいですもんね。

100,000フォロワー達成時は、みんなでコマ撮り動画を撮影しました。

2018年、はじめたこと

今年は、新しい取り組みもはじまりましたよね。

エミリー
そうですね。「ショッピング機能」を利用できるようになったのは大きな変化でしたね。

minneは、日本国内の同機能実装に向けた先行パートナーとして、5月から先行利用を開始しました。

見てくれてるひとにとっても、うれしい機能だよね。

エミリー
画像からダイレクトに作品に飛べるようになったので、便利に使ってもらえてるんじゃないかな。これまで、「minneでさがしたんですけど…」「どうやって検索すればいいですか?」みたいなコメントをたくさんいただいてましたが、この機能で気に入ってくれた方と作家さんの出会いがそこで途切れてしまうのを防げるようになりました。

作家さんにもご利用いただけるようになりましたね。

エミリー
そうですね。「サポートツール」もあるので、作家さんにもどんどん活用いただけるといいなと思います。ショッピング機能を使って、新作をInstagramで投稿されてる作家さんをたくさん見てるんですけど、やっぱりうれしくなっちゃいますね。

つくっているのは、minneの「カタログ」

投稿していくうえで、いちばんのこだわりってなんですか?

エミリー
やっぱり写真の美しさだったり、見せ方のおもしろいものを選ぶ、というのはこだわっていますね。たとえば作家さんが、minneの作品ページの「1枚目の画像」としては設定しにくくて2枚目や3枚目の画像として設定しているような、工夫の効いたおもしろい見せ方や、イメージ写真に近い着画なども積極的にご紹介させてもらってます。Instagramは、投稿が「溜まっていく」という感覚がやっぱり強くて。

溜まっていく。

エミリー
アカウントをのぞきにきてもらったときに「あっ」とよろこんでもらえるような、minneの「素敵な作品カタログ」をつくってるような気持ちでいるので。やっぱり「見せ方」にはこだわりたいですね。

たしかに。ながめているだけでも、たのしい場所にしたいですよね。

エミリー
そうですね。そう思ってもらえるとうれしいですね。

これからのこと

今後挑戦したいことはありますか?「こんなの、どうだろう?」って試してみたいこととか。

エミリー
「IGTV」を使って、作家さんの作業風景をお伝えするのはどうでしょう?作家さんが自分で撮影するのもなかなか難しいと思うので。あとは、作家さんといっしょに「ライブ配信」をしてみたり。ワークショップとかそこで開けるとおもしろいかもしれませんね。

作品の紹介だけじゃなく、制作の裏側やものづくりのたのしさを届けたり。

エミリー
そうですね。なので、「minneとものづくりと」と連動して、取材風景を届けたり、幅広くいろんな「ものづくり」をお伝えできるといいなと思いますね。そういうカタログになるといいな。

お手紙を届ける気持ちで

印象深いことってありますか?

エミリー
いつも、投稿に作家さんのアカウントをタグ付けしたり、メンションをつけさせてもらったりしてるんですけど、「好きな作家さんが見つかりました」「作家さんのアカウントもフォローしちゃいました」みたいに言っていただけるのが、本当にうれしくて。「この投稿見て、買いました」とか。特別なことじゃなくて、日々のそういううれしいコメントがすごく記憶に残っています。

コメントは、もらえると本当にうれしいですよね。

エミリー
そうですね、「いいね」や「保存」してもらった数も毎日見てますし、コメントもうきうきして読んでます。

minneのサービスの中でも、ユーザーさんや作家さんとコミュニケーションできる、とっても貴重でしあわせな役割だなって思うんです。

エミリー
それは毎日思いますね。コメントで質問をいただいたりすると「話しやすい場」だと思ってもらえてるんだなって感動したり。

「届いてるな」と感じますよね。

エミリー
はい。わたしも「今日はどんなふうに届けようかな」って、毎日みなさんにお手紙を届けるような気持ちで投稿してるので。ぜひ、これからもたくさんのひとに受け取ってもらえるとうれしいですね。あと、5投稿で1,000投稿になるんです。

1,000通のお手紙と考えると、すごいなあ。

エミリー
1,000投稿目もおたのしみに。

minneの公式アカウントはこちら

minneは新しい仲間を募集しています。

取材・文 / 中前 結花  撮影 / 真田 英幸