【編集部のひきだし】思わず顔がほころぶアニマルモチーフ編

毎日たくさんの作品に触れている編集部スタッフの頭の中には、「いつか紹介したい」「自身で使ってみたい」、そんな作品や作家さんのリストをしまっている、自分だけの「ひきだし」があります。そんなひきだしの中から、とっておきの作品をこっそりご紹介する連載企画「編集部のひきだし」。今回は、見ているだけで癒されるような「アニマルモチーフ編」をお届けします。

えってぃ
ベレー帽がトレードマークのminneスタッフ。休日は海の近くで過ごしています。

まるで本物のようなリアルな表情、私たちを癒してくれるゆる~い表情、迫力をもって眼前に迫る凛々しい表情。さまざまな表情を見せてくれるminneに潜む動物たち。今回は私がminneで見つけた、毎日をちょっぴりたのしいものにしてくれる「アニマルモチーフ」作品をご紹介します。

レモネードツリーさんの「もぐらのぬいぐるみ」

動物への愛があふれる、レモネードツリーさんのぬいぐるみ。ギャラリーを見ていると、ユニークな動物たちがたくさんいて、どれにしようかと迷ってしまいます。自分用にはもちろん、プレゼントにもよろこばれそうですね。

作品を見る

studio-nocoさんの「羊毛ピンクッション」

まさにこの季節にぴったりなモチーフ。いのししの子ども“うり坊”をモデルにした針山です。背中のしましま模様と、つぶらな瞳がたまりません。裁縫箱の中に閉まっておくのではなく、見せる収納をたのしみたい作品です。

作品を見る

shingo-fさんの「半人前豚さん土鍋」

ふたの部分がブタさんの顔になったキュートな土鍋。口径9cm程度の小ぶりなサイズ感なので、日常使いしやすいのがうれしいポイント。遊び心たっぷりのデザインなので、食卓に自然と笑顔が生まれそうですね。

作品を見る

naturamaさんの「うさぎリング」

指に抱きつく、ちいさなうさぎのリングです。後ろに寝かした耳や、ふっくらした頬、ちょこんとついた丸いシッポ…どこをとってもかわいさ満点。ペットのように、毎日連れて歩きたくなるはず。

作品を見る

ナガノグラス のいけさんの「ぴよ箸置き」

作家さん自身が昔飼っていた、あひるのぴよちゃんがモチーフになった箸置きです。シンプルなデザインながらも、食卓にちょこんと置いてあるだけでほっこりと癒してくれること間違いなしです。

作品を見る

クマゲラ工房さんの「河馬のオブジェと魚の箸置き」

土ならではの素朴な質感が魅力的なクマゲラ工房さんの作品。カバが魚のカトラリーレストをつかんでいる、ユニークなオブジェです。食卓に並べておけば、便利なだけでなく、食事の時間をよりたのしく演出してくれるはず。

作品を見る

わたしのひきだしから厳選してみました。みなさんの作品選びや、お買いものに、役立ちますように。

次回もおたのしみに。