【2018年】最も読まれた記事は? 年間人気記事ランキング20

今年も、素敵な作品や作家のみなさんのご紹介はもちろん、ものづくりに込められた手間や想いを日々お伝えしてきました。2018年の合計423記事の中から、「2018年の人気記事ランキング20」をご紹介します。

「ものづくり」とともに

今年も1年、たくさんの記事を公開することができました。11月30日には、「minne mag.」から新たなメディア「minneとものづくりと」へと生まれ変わり、新たな連載や特集などにも取り組んできました。今回は、「minne mag.」の記事も含めた2018年の合計423記事の中から、みなさんにたくさん読んでいただくことができた記事をご紹介します。
 

<1位>週末、郵便受けに届く「花」との暮らし。

週末ごとに「花」が届くサービス「Bloomee LIFE」と、花器作品を紹介しました。

記事を読む

<2位>ノスタルジックな世界に迷い込む。福岡の“リボン専門店”「Pita」

福岡県福岡市にお店を構える手芸屋「Pita」をご紹介しました。

記事を読む

<3位>作品は「贈りもの」。プリンターを使った、作家さんのラッピングアイデア

自宅用プリンターで叶えることができるラッピングアイデアを作家さんにうかがいました。

記事を読む

<4位>レビューが500件を超える、人気の作家さん~アクセサリー編~

minneの中でも特にレビュー数の多い作家さんを8名ご紹介しました。

記事を読む

<5位>minneスタッフの「かばんの中身」見せてもらいました。

minneスタッフ「しべ」のかばんの中身をご紹介しました。

記事を読む

<6位>【クリスマスキット】「しめ縄」に変身する、ひとつで二役のリースをつくってみませんか。

パーツをいくつか付け替えるだけで「しめ縄」に変身する、クリスマスリースのキットを制作しました。

記事を読む

<7位>届くまでの時間もたのしい、とっておきの似顔絵

愛猫の似顔絵をモチーフにした作品を作家さんにつくってもらいました。

記事を読む

<8位>つくる時間も愛おしい「ハンドメイドキット」

必要な素材がすべてそろった「キット作品」をご紹介しました。

記事を読む

<9位>【連載】詰めるよろこび「あの人のおべんとう」vol.1

こだわりの「わっぱ」にminneのスタッフがお弁当を詰めるシリーズ。minneの事業部長・あべのお弁当をご紹介しました。

記事を読む

<10位>母の日に贈りたい、世界にひとつだけのギフト

母の日に贈りたいギフト作品をご紹介しました。

記事を読む

<11位>紙モノ作家・紙のかんづめさん「紙への探究心から生まれるユニークな作品たち」

「とにかく紙が大好きなんです」と話す作家・紙のかんづめさんに、作品に込められた想いや、こだわりについてうかがいました。

記事を読む

夏のお出かけに「かごバッグ」

通気性もよく見た目も涼しげなかごバッグをご紹介しました。

記事を読む

<13位>入園・入学おめでとう。お祝いによろこばれるプレゼント

入園・入学のお祝いにぴったりなギフト作品をご紹介しました。

記事を読む

<14位>咲き誇る「フラワーアクセサリー」

バラやチューリップといった春先に咲き誇るお花モチーフのアクセサリーをご紹介しました。

記事を読む

<15位>季節を感じる「秋のフラワーアクセサリー」

秋に咲く、しっとりと落ち着いた花々のアクサセリーをご紹介しました。

記事を読む

<16位>乙女心くすぐる、つややかなキャンディカラー

カラフルでつややかなキャンディカラーのアイテムをご紹介しました。

記事を読む

<17位>シルバー&革小物作家ajinaさん「ものづくりで食べていく」

男性への贈りものとしても人気の高い、革小物作家・ajinaさんのお話をうかがってきました。

記事を読む

<18位>凛とした存在感が美しい「クリアアクセサリー」

美しいクリアな魅力で存在感を放つアクセサリーをご紹介しました。

記事を読む

<19位>梅雨に輝く、色鮮やかな「アジサイ」モチーフ

繊細で美しい色合いのアジサイモチーフの作品をご紹介しました。

記事を読む

<20位>【minne×テナライ】ほっこり愛おしくなる、Chicchiさんのどうぶつ刺繍キット

手刺繍作家で双子の姉妹のChicchiさんのキット制作秘話をうかがってきました。

記事を読む

 
2018年も、たくさんの記事で想いをお届けすることができました。ご協力いただいたみなさま、そして毎日読んでくださったみなさま、本当にありがとうございました。
「ものづくり」を愛するすべてのみなさんに、素敵なアイデアと心から「ものづくり」をたのしむことができる時間でいっぱいの1年が訪れますように。
来年もどうぞよろしくお願いいたします。よいお年を。
 

「minneとものづくりと」編集部
 
ご意見・ご感想をお待ちしております。