毎日使いたくなる、あったか手袋

これまでは「すぐになくしてしまうから」という理由で、特に手袋にはこだわりを持っていなかったわたし。けれど、引っ越したことで自転車に乗る機会が増え、今年こそはとminneで手袋を購入しました。わたしが探していたのは「どんなコーディネートにも似合う手袋」そんなわがままな条件を満たしてくれる、この冬の相棒をご紹介します。

えってぃ
ベレー帽がトレードマークのminneのエディター。最近ハマッていることは陶芸です。

大人なダークブラウン

・「ロアマーケット」さんの% PERCENT 手袋

2色の面積を“割合”で表現したという、こちらの手袋。まるで「カフェオレ」のようなやさしい組み合わせが、カフェオレフリークの私の心をくすぐります。ナチュラルなようで、直線的でちょっぴりモードなデザインも「シーンを選ばず使えそう」と、ひと目惚れ。

ロアマーケットさん
ありそうで無かった、感性を心地よく刺激するデザインを心がけています。色の組み合わせは、植物や動物、昆虫などの「自然の色」を参考にすることが多いです。

スッと手を通すと、その肌触りのよさに驚かされます。一瞬で、いつまでも触っていたくなるようなさらりとした質感のとりこに…。そしてなんといっても手首まですっぽりと隠れるシルエット。冷たい風を通さず、しっかり保温してくれるのがうれしいんです。

ロアマーケットさん
肌触りへのこだわりから、すべての工程において国内にこだわっています。糸にはハーブ成分(カモミールエキス)とカプサイシン(唐辛子)が練りこまれておりますのでセルフヒーターの機能もあります。また、チーゼルという植物の実を使った起毛は、現在では高級織物などに使用される希少な伝統技法。手作業で丁寧に仕上げられた内面はとても肌ざわりのいい仕上がりになっています。

冬コーデに馴染むカラー

ベーシックな色合いなので、みごとにどんなコーディネートにもマッチしてくれます。コートを上から羽織っても、ベージュの部分がちらりと見えるのでさりげないワンポイントアイテムとして活躍してくれます。

指先の色が変わっている部分は、タッチパネルに対応しているので、身につけたままスマホを操作することも可能。なにからなにまで至れり尽くせりの手袋です。

この冬は毎日手放せない、相棒になること間違いなしです。

「ロアマーケット」さんのギャラリーはこちら