感触がクセになる「スイーツスクイーズ」

「見てかわいい」「触って気持ちいい」スイーツスクイーズのアイスモチーフをつくりましょう。さまざまなデコパーツを組み合わせるので、分量や手順を守り、丁寧につくり進めていくことが美しく仕上げるポイントです。(「minne HANDMADE LIFE BOOK vol.6」より)

レシピを教えてくれた人:「Rusyury 森川葉子」さん
「日本スクイーズ協会」会長。独学でスクイーズをつくり始め、SNSで注目を集める。八王子のアトリエにて、スクイーズ講師認定講座を開設。
https://minne.com/@rusyury



用意するものはこちら


アクリル絵の具(ダークブラウン、パープル、レッド、ライトグリーン、イエローオーカー、ライトブラウン、ホワイト)
シリコンホイップ(絞り器に入っているもの)
樹脂風粘土
シリコンモールド(チョコプレート型)
粘土用スケール
はかり(0.1gまではかれるもの)
はさみ
デザインナイフ
ラッカースプレー
クリアファイル(カットしたもの)
細筆
極細筆
カラースプレー
アイスの棒
メラミンスポンジ
シリコンモールド(いちご型)
歯ブラシ
へら
カッター
つまようじ
カッターマット(目盛り付き)
木工用ボンド

デコパーツをつくる

樹脂風粘土約0.5gにダークブラウンのアクリル絵の具を混ぜ、チョコプレートの型に指で押し入れて型からはずします。

樹脂風粘土約0.4gにパープルのアクリル絵の具を混ぜ、粘土用スケールの「D」の型に指で半量を押し入れます。

型からはずして丸め、つまようじで真ん中にすこし穴を開け、穴の内側から外側へ5方向にひっかきます。これを2つつくります。

樹脂風粘土約0.5gにパープルとレッドのアクリル絵の具を混ぜ、半量を筆の持ち手の先にかぶせるようにつけます。

残りの半量を細かくちぎって指先で丸め、先ほどの上に、下からくっつけていきます。

全体を覆ったら、筆から取りはずします。

いちごの型に樹脂風粘土を埋めます。つまようじで真ん中の芯の部分をへこませ、表面を歯ブラシで軽くたたきます。

固まったら型から取り出します。これを2つつくります。

ライトグリーンとイエローオーカーのアクリル絵の具を、水を含んだ筆で混ぜます。

いちごのヘタの部分を塗ります。

レッドのアクリル絵の具でヘタ以外の全体を塗ります。ヘタに近い部分は水を含ませて、さらにグラデーションになるようなじませます。

ライトグリーンとイエローオーカーのアクリル絵の具を混ぜたものに、さらにライトブラウンを加え、種の部分を描きます。

レッドのアクリル絵の具で芯を描きます。

レッドとホワイトのアクリル絵の具を混ぜて薄ピンクをつくり、果肉の模様を描きます。

薄めのレッドで隙間を埋めるように塗ります。

デコパーツを半日置いて乾かします。

本体をつくる

縦7×横4×高さ2cmにカットしたメラミンスポンジに、デザインナイフで、アイスの棒を入れるための切り込みを入れます。

アイスの棒をはさみで半分にカットし、接着剤を適量塗って差し込みます。

シリコンホイップを適量乗せます。

へらで平らになるように全体にのばします。

適当なサイズにカットしたクリアファイルに乗せます。

さらに写真を参考にシリコンホイップを丁寧に絞ります。外側から1周絞り、その中を埋めるように絞るとキレイに仕上がります。

仕上げる

シリコンホイップが乾かないうちに、各パーツとカラースプレーをバランスよく乗せます。

仕上げにデコパーツにラッカースプレーをまんべんなくかけたら、できあがりです。

みんなのハンドメイド本
「minne HANDMADE LIFE BOOK 」
今回ご紹介したレシピは「minne HANDMADE LIFE BOOK vol.6」で詳しくご覧になれます。レシピページのほか、さまざまなハンドメイド作品をご紹介していますので、ぜひ手にとってご覧になってください。

このレシピの掲載号を見る
最新号とバックナンバーを見る