「おかえり」と迎えてくれる、お香台

心も身体も、すっと癒してくれる“いい香り”をただよわせるお香。これまではアロマオイル派だったわたしがお香の魅力に気づくきっかけになった、素敵なお香台のおはなしです。

める
minneとお買いものが大好きなディレクター。息をするようにお金をつかってしまう。好きな食べものはお肉。

心安らぐやさしい香り

・クマゲラ工房さんの【香馬俑】馬のお香台セット

ずっと愛用していたアロマオイルを垂らす加湿器を割ってしまい落ち込んでいたとき、以前、取材でアートディレクターの森本千絵さんとお話しした際に「そばにいたくなる、美しい作品」と表現されていたクマゲラ工房さんの作品を思い出しました。今ではお試しでいただいたお香に加え、自分で購入したプルメリアのお香も使うようになりましたが、アロマとはまたひと味違う、奥深い香りがとても心地よく、お気に入りです。

クマゲラ工房さん
付属のお香は白檀(チャンダル)です。アジア雑貨店や百均ショップなどでお求めいただけます。さまざまなお香を、香馬俑とともにたのしんでいただければうれしいです。

見た目にも癒される

香りだけではなく、 このやさしい瞳とにっこり微笑んだような表情にも癒されます。胴の部分にはお香を収納するスペースもあるので、ストックしておけるのもうれしいポイント。そして気になるのが、香馬俑(こうまよう)というお名前。古くからあることばなのでしょうか?

クマゲラ工房さん
古代中国・始皇帝の「平馬俑」と香台を合わせた造語です。ネーミングは結構好きな作業で、製作中を問わず常に名前をあれやこれやと妄想しています。

朝、お香を焚きながら支度すると、帰って来てもまだ香っていて、「おかえり」と迎え入れてもらえたような幸せな気分になります。帰宅してから焚けば、翌朝も香っていてこれもまたうっとり。おまけでいただいた、素敵な絵葉書といっしょにたのしんでいます。

わたしにお香との素敵な出会いをくれた作品。今では日常に欠かせない存在となりました。
これからもたくさんの香りを、香馬俑とたのしみたいと思います。

「クマゲラ工房」さんのギャラリーはこちら