minneスタッフの「かばんの中身」見せてもらいました。

各々の“らしさ”がギュッと凝縮されている、かばんの中身を大公開。第14回目はminneスタッフのひかりんです。

アイテム選びのポイントは“色”

昔、絵を描いていたとき、知らず知らずのうちにいつも同じような色ばかりを使っている自分に気づきました。「どんな色でも扱えるようになろう」と思ったのをきっかけに、持ちものの色も意識的にバランスを考えながら購入するようになりました。“作家さんのこだわりがつまったものを使いたい”という気持ち、そして“自分好みのデザイン”がミックスされた、私のお気に入りのアイテムをご紹介します。

【かばんの中身】
モノトーンの花柄ポーチ
フランス生地の花柄ポーチ
・お財布
猫のキーホルダー
パズル型キーホルダー
レザーポーチ
・スマホ
メガネケース
・ハンドクリーム
・ウォークマン
ティッシュケース
・バナナ柄ポーチ

フランスの生地を使った上質なポーチ

フランスで買い付けた生地を使用し、ポーチなどを制作しているmont boucheさん。この生地が海を渡ってきたと思うと、わくわくとした気分になります。土地の歴史を感じさせる柄が大好きです。右下のモノトーン柄のポーチは、薬やリップ、アクセサリーなどを収納するのにぴったり。表面がぷっくりとした生地の質感も気持ちよく、ずっと触っていたくなります。左上の花柄ポーチはメイクポーチとして活躍中。ヴィンテージ感ただよう柄がとってもおしゃれなので、何度見てもうっとりとしてしまいます。退勤後に飲みに行ったり、人と会ったりするとき用に持ち歩いているイヤリングは、ドイツのカボションが使用されているのですが、日本独自の色である「朱色」にも近く、洋服を選ばないところがGOOD。着物にも似合いそう。

・「mont bouche」さんのモノトーンの花柄ポーチ
・「mont bouche」さんのフランス生地の花柄ポーチ
・「ティロワール バイ キミエ」さんのシンプルイヤリング

経年変化もたのしみたいレザーアイテム

普段はコンタクト派なのでですが、目が疲れたときなどのためにメガネを持ち歩いています。メガネケースは、上品な深みのあるカラーをチョイス。どこに持って行っても馴染んでくれる優秀アイテムなんです。そして、とてもしなやかな手触りなのですが、カバンの中に入れていても型崩れしないところが気に入っています。レザーポーチはカード類を大量に収納することができるので、大助かり!

・「lakimakana」さんのレザーメガネケース
・「crambox creating」さんのレザーポーチ

思わず顔がゆるむユニークなデザイン

どこへ行くにも持ち歩いてる必需品たち。人前に出すことがほとんどない鍵には、好きなだけキーホルダーをぶら下げています。うつろな目をしている「ブスねこのキーホルダー」は、同僚に教えてもらってひと目惚れ。これから丸焼きにされちゃいそうな姿もかわいくてお気に入りです。パズル型のピースキーホルダーは、そのままキーフックに取り付けられるようになっており、家の中で鍵がどこに行ったか探しまわるようなこともなくなりました。

・「nyota|にょた」さんのブスなねこのキーホルダー
・「TONO wood products」さんのパズル型木製キーフック


見ているだけで気分が上がるようなアイテムがたくさん入ったバッグの中身でした。
次回もおたのしみに。