華やかなワンポイントに「つまみ細工のお花ブローチ」

日本の伝統工芸「つまみ細工」でかわいいお花のブローチをつくりましょう。今回は基本となる“剣つまみ”と“丸つまみ”のつくり方ご紹介します。お好みの色や素材でぜひチャレンジしてみてくださいね。(「minne HANDMADE LIFE BOOK vol.3」より)

レシピを教えてくれた人:「acco」さん
編みものやソーイングなどさまざまな分野を得意とする、手芸作家。



用意するものはこちら

布(ちりめん、薄手の綿ローンがおすすめ)
シャワー金具付きブローチ(土台のサイズのシャワー台をご用意ください)
定規(ステンレス製)
ロータリーカッター
カッターマット(マス目のあるもの)
まち針、針、糸
チャコペンシル
花心(パールビーズ、ペップなどお好みのものを)
ピンセット(先の細いもの)
平ヤットコ
ボンド
のり
のり板(牛乳パックやプラスチック素材の板)
わりばし

はじめる前の下準備

布にしわがある場合はアイロンをかけておきましょう。
※ちりめんの場合は風合いがなくなってしまうので、アイロンはかけない方がよいでしょう。

縫い針を使って、織り糸を一本引き抜きます。

織り糸を引き抜いた後に定規を沿わせて、ロータリーカッターで切ります。
(こうすることで、まっすぐに切ることができます)。

布端をカッターマットのマス目に合わせて置きます。必要な幅(今回は2cm幅)に定規をあて、ロータリーカッターで切ります。

カッターマットのマス目に合わせて、切った布を横に置きます。

正方形(2cm×2cm)になるように必要枚数分、切ります。

土台をつくる

土台の布は、花びらと同じ布でつくります。布の裏側にシャワー金具を置き、金具の外側7㎜にチャコペンシルで印を付けます。

印に沿って布を切り、3㎜内側を糸2本どりで並縫いします。

シャワー金具の表を下にして置き、糸を引きしぼります。

糸がゆるまないように玉止めをしたら、ブローチ金具にはめ、平ヤットコで爪を倒して固定します。

のり板をつくる

ボンドとのりを1:1の割合でのり板に出したら、わりばしでよく混ぜます。

2㎜くらいの厚さになるように均一に伸ばします。

基本のつまみ方~剣つまみ~

2cm角の布を8枚用意します。

ピンセットを布の対角線上に合わせてはさみ、手前に布を倒して、角を合わせます。

続けて、長辺の半分の位置をピンセットではさみ、角を合わせてたたみます。

ピンセットを持ちかえて、写真の位置をはさみます。長辺の両端を合わせるようにさらに半分にたたみます。

たたんでいるところ。

先を指でしっかり押さえて、ピンセットを引き抜きます。こうすることで、花びらの先がとがってかたちが整います。

根元をピンセットではさみ、のりを軽く付けます。

指先で根元を軽くつまみ、のりをなじませたら、花びらのできあがり。

できた花びらは、のり板に並べます。残りの花びらも同様につくります。

土台の縁に花びらの縁を合わせて貼ります。

上から見たところ。

対向に2枚目の花びらを、続けて十字になるように花びらを上下に貼ります。

花びらの間に1枚ずつ、花びらを貼ります。

中央にボンドを付けてビーズを貼ったら、できあがり。

基本のつまみ方~丸つまみ~

2cm角の布を4枚用意します。

さきほどの手順と同様におりたたんでいき、ピンセットを抜きます。

さらに半分の位置をピンセットではさみ、下の両端をそれぞれ織り上げて上の部分と合わせます。

合わせた部分を人差し指と親指でつまみ押さえながら、ピンセットで丸みのある立体的な花びらにかたちを整えます。

根元をはさんで、のりを軽く付けます。

指で軽く根元をつまみ、のりをなじませたら、花びらのできあがり。

のり板に花びらを置き、下の角をピンセットで広げてかたちを整えます。

できた花びらは、のり板に並べます。残りの花びらも同様につくります。

土台の縁に花びらの縁を合わせて貼ります。

上から見たところ。

残りの3枚は十字になるように貼ります。

中央にボンドを付けてビーズを貼ったら、できあがり。
他のかたちの花びらについては、下記の本をご参照ください。

みんなのハンドメイド本
「minne HANDMADE LIFE BOOK 」
今回ご紹介したレシピは「minne HANDMADE LIFE BOOK vol.3」で詳しくご覧になれます。レシピページのほか、さまざまなハンドメイド作品をご紹介していますので、ぜひ手にとってご覧になってください。

このレシピの掲載号を見る
最新号とバックナンバーを見る


ハンドメイドの作品レシピ
思わずつくりたくなるような、ハンドメイドの作品レシピをご紹介します。
レシピ記事一覧はこちら