読む、ものづくりvol.3『minneが教える 売れるきほん帖』

編集部が見つけた、みなさんの「ものづくり」の気持ちを刺激する、おすすめの本をご紹介する連載企画。今回は特別版として、minneの作家活動アドバイザー・和田まおが手掛けた書籍をピックアップ。発売に至った経緯や見どころを語ってもらいました。

minne公式本が発売

2019年4月5日(金)、私の初の書籍「minne公式本 ハンドメイド作家のための教科書!! minneが教える売れるきほん帖」が発売となりました。今回は、本の出版に至った経緯や、見どころについてご紹介します。

作家さんの「悩み」にこたえる


作家活動アドバイザーの和田です。
2015年5月にオープンした「minneのアトリエ 世田谷」の運営をはじめ、価格設定や写真撮影の勉強会など、全国の自治体や多くのみなさんのオファーにお応えするかたちで、これまで数々のセミナーを開催してきました。マンツーマンでのご相談も含めると、3,000名を超えるハンドメイド作家さんと交流してきたことになります。

そんなこれまでの活動を通して痛感したことがあります。それは、ほとんどの作家さんがひとりで活動を続ける中で、「こんなに悩み続けているのはわたしだけなのでは…」と思い悩まれており、そのお悩みを共有する機会はなかなかないということ。

わたしは、作家のみなさんが自分の思い描く作家活動を、のびのびと、一日も長く続けてほしい、と願っており、そのためにこれまでもセミナーや交流会を開催してきました。昨年からは、これまでの経験を元に、遠方にお住いの方にもノウハウをお届けできるよう、SNSでの情報発信やminne学習帖という読みものコンテンツの公開にも力を入れています。

そんな中で、昨年、出版元である株式会社インプレスの編集者さんからお声がけいただき、より多くの方にこのノウハウを、“まとめて”お届けできるよう、今回の書籍を出版することになりました。この本は、これまでに発信した内容も含め、「自分が目指す作家像を実現するための考え方」を一冊にぎゅっと詰め込んだものです。

「売れる」にフォーカス

「売れる」を軸に、「理想の作家像の決め方」「具体的な目標設定」「価格のつけ方」「minneページの作り方」「写真撮影」「ファンを増やす宣伝活動」の全6章で構成しています。

目標の決め方や、利益を出すための価格設定と原価の考え方、SNSやイベントの活用方法など、作家歴を問わず悩みやすいさまざまなテーマをはじめ、長く活動を続けるための「ファン作り」の方法など、「これから作家活動をスタートするけれど、どうやって作品を見つけてもらえばよいかわからない」「以前は売れていたのに、今はさっぱり売れなくなった」といった方にもぜひ読んでいただきたい内容になっています。

また、随所には、イラストレーターのつまようじさんに描き下ろしていただいた、わたしをモチーフにしたイラストが入っています。つまようじさんのグッズはSUZURIでも発売されていますよ。クスッと笑えるコミカルなイラストも、ぜひおたのしみください。

すべてのハンドメイド作家さんへ

作家さんのお悩みは共通点が非常に多いのに、解決方法はおひとりずつ全く異なります。唯一無二である作品の価値を、まずは作家さんご自身で定義づけるところがスタートラインです。

これからハンドメイド作家として活動をはじめたい方も、数年のキャリアを経て伸び悩みを感じている作家さんにも、この本がこの先3年、5年、10年後の姿を考えるきっかけとなり、日々の制作の力となること、よりよい活動へのヒントにしていただけることを願っています。

『ハンドメイド作家のための教科書!! minneが教える売れるきほん帖』
著者:minne作家活動アドバイザー 和田まお
発行:株式会社インプレス
本の詳細を見る



文 / 和田まお  撮影 / 真田英幸