扉を開けたくなるカード vol.12 「donguri to ie.さん」

作品にそっと添えられていることも多い、クリエイターの名刺やショップカード。イベントやお店に出かけて持ち帰ったり、手渡しでいただいたり…と、普段からたくさんのカードを受け取る編集部スタッフが、心に残った1枚をご紹介します。その人に会いたくなるような、作品を覗きたくなるような、お店に足を運びたくなるような…そんな、次の扉を開けたくなるカードがいっぱいです。

その愛らしい、絵本のような世界観に思わず目を奪われる、そんな素敵なカードと出会いました。窓からのぞく彼らにはどんな物語があるのでしょう。色鉛筆だからこその、素朴な魅力。作り手のdonguri to ie.さんにお話をうかがいました。

donguri to ie.さん
色えんぴつで描いた、素朴であたたかいプラバンアクセサリーを制作されている作家さん。
https://minne.com/@dongri-to-ie/

気持ちをそのままカードに

この連載をはじめてから、素敵なカードが手もとにたくさん集まってくるようになったのですが、ひと目見て、「なんてかわいいんだろう」と本当にうっとりしました。このカードはずっと使われているものですか?
donguri to ie.さん
このカードは、1年前に「これからはイベントにたくさん出よう!」と決意したタイミングで制作しました。

 

たくさんの窓を開いているのは、そういった決意の表れかもしれませんね。

テーマは「何気ない日常」

みんなそれぞれが思い思いに、「窓の外」をたのしんでいますね。どんなイメージでつくられたのでしょうか?
donguri to ie.さん
“いつものくらしの中にある素朴だけれど大切なたからもの”というのが、donguri to ie.のコンセプトなんです。作品の舞台はいつも「何気ない日常」。このカードの風景も、そんな日常の子どもたちの素朴なシーンを切り取ろうと思いました。

 

ついつい物語を想像してしまいます。
donguri to ie.さん
カードの中に並んだ作品を見て、絵本の1ページのように物語を感じてもらえたら、と考えていたので、うれしいですね。

コレクションしたくなるカード

裏面にも、左端の女の子がいますね。
donguri to ie.さん
そうなんです。風船の女の子は、minneのギャラリーやSNSアカウントのプロフィール画像としても使っているものです。「あっ」と気づいていただけたり、目印としておぼえてもらえるといいなと思います。

名刺交換をされるときなどに、なにか言われたことはありますか?
donguri to ie.さん
いくつか他の種類のカードもつくっているのですが、「かわいいから集めているんです」と言っていただくことがあって、それがとってもうれしいですね。

広がる、絵本のような世界


色鉛筆でほっこりと描かれるやさしく素朴な作品たちは、その重ねられた厚みもあいまって、どれもまさに、絵本の中から飛び出してきたよう。子どものころ夢中になった物語を思い出してしまいます。

donguri to ie.さん
みなさんにとって、「素朴で小さな自分だけのたからもの。」と感じてもらえるような作品を、これからもつくり続けることができればと思います。

 

「自分だけの」という言葉が、とてもしっくりとくる気がします。絵本のような世界観と、見るひとのたのしい想像がふくらむ、素敵なギャラリーとカードでした。

 
 
最後に、donguri to ie.さんのものづくりを覗いてみましょう。
おすすめの2作品を選んでいただきました。
 

すずらんの小道 ブローチ


「すずらんが咲く、お気に入りの小道を切り取った」というブローチです。すずらんの繊細でアンティークな雰囲気が、小さな円の中にぎゅっと閉じ込められています。
作品を見る

花冠と花言葉ブローチ(シロツメクサ)


花や葉はすべて別々につくり、貼り重ねられているというシロツメクサの花冠です。シロツメクサの花言葉は、“約束”。「そんな想いを花冠に込めて、丁寧に編んでいる様子を思い浮かべてもらえたらうれしいです」とのこと。
作品を見る

扉を開いて
ひと目見て、「たくさんのひとにご紹介したいな」と感じたカードでした。お話をうかがううち、donguri to ie.さんの作品やデザインには、子どもころを思い出して懐かしむような愛おしむような気持ちにさせてもらえる力があるのだなと感じました。それぞれの窓を開く、物語の素敵なシーンですよね。(聞き手/ 中前結花)