ポケットにもスッと収まる極薄財布

お出かけには欠かせないアイテムだからこそ、こだわりたい「財布」。わたしがこの春買い足したのが、ショッキングピンクが印象的なRichLiveさんの作品。その優れた機能性をご紹介します。

なお
「minneのアトリエ」作家活動アドバイザー。minneでプレゼントを探す毎日。届いた作品を手放したくなくなることもしばしば。

見た目以上の機能性

・RichLiveさんの極薄財布

最近購入したポシェットに合わせて、これまでバッグの中でかさばっていた財布を買い替えることに。条件は、極力コンパクトで軽いこと。

minneでRichLiveさんの財布を発見したときは、余りの薄さに衝撃を受けました。「必要なものがすべて収まるかしら」とためらう気持ちもありましたが、作品ページの動画を見て、見た目以上に大容量で丈夫なことがわかり、不安が解消されました。

RichLiveさん
昔は一般的な長財布や、小銭入れを単体で使っていましたが、長財布はポケットに入れられず、カバンの中でもかさばります。小銭入れは毎回お札を折りたたまねばならず、カードが入る量もすくない…。あまりの不便さに、自分自身お会計の度にイライラしていました(笑)。その経験から薄い財布が欲しいと思ってたのですが、ある日ふと「タイベックシートでつくれば、薄い財布ができるのではないか」とひらめき、そこから3年以上かけて完成させました。

こだわりが詰まったデザイン

minneのアトリエやminneハンドメイドアワードなどで、RichLiveさんと実際にお会いし、作品へのこだわりやものづくりに対する想いをうかがうことで、「これは、きっとわたしに必要な財布だ」と確信。

RichLiveさん
とにかく「薄くて便利なお財布」になるようにこだわりました。「薄くてコンパクト/お札を折りたたまずに入れることができる/小銭も入る/カードケース部分に仕切りがついている」これらの条件をすべて満たすものをつくりたいと思ったんです。もちろん最初から現在の形ではなく、試行錯誤を繰り返しながらたどり着きました。

こんな風にコンパクトなバッグにもすんなり収まるうえに、シンプルな装いに映えるカラーがお気に入り。

「それ財布ですか?」と聞かれれば、「そう、めずらしいでしょう」「3mmなの」「軽いの」「丈夫なの」「小銭は25枚入るの!」と、自慢したくなるポイントがいっぱいです。
カラーバリエーションが豊富なので、自分用の色違いや、友人へのプレゼントとしても選びたい逸品です。

「RichLive」さんのギャラリーはこちら