じっくりと待ちながら。母に教わった梅酒のつくり方。

スーパーでずらりと並ぶ梅を見ていたら、なんだか懐かしい気持ちになって、久しぶりに梅酒を漬けることにしました。じっくり時間をかけて漬け込むほど、味も愛着も深まる梅酒。写真もたくさん撮ったので、母から教わったつくり方とあわせてご紹介します。

庭の梅の木

昔、実家の裏庭には梅の木があって、6月ごろになるとそこには大きな実がたくさんつきました。母は、その実を使って毎年梅酒を漬けていたそう。というのも、物心がついたころにはその梅の木は無くなっていて、ぼくの記憶には残っていないのです。

それでも、小さいころから話にはよく聞いていた梅酒づくり。「いつかぼくも漬けてみたいなあ」と、ぼんやりと思っていました。

実家の愛知から東京に引っ越した2年前、スーパーでずらりと並ぶ梅を見て、母が漬けていたという梅酒を思い出しました。

じっくり長い時間をかけて漬け込む梅酒は、ひとり暮らしの暇つぶしにもなるだろうと、道具をすぐに揃えました。そして、母から電話でつくり方を教わりながら、さっそく梅を漬けはじめました。

お酒がゆっくりと浸透し、梅の味が滲み出たオリジナルの梅酒は、ちょっと特別な味です。

自宅に友だちを呼んで振る舞ったり、ひとりでゆっくりと味わったり。梅酒といっしょに、東京の思い出もずいぶん育ってきました。

2度目の梅酒を

あれから2年、あのとき漬けた梅酒も、そろそろ底を尽きそうです。
梅は今がちょうど旬。次の2年間をいっしょに過ごす新しい梅酒を漬けることにしました。

母からぼくが教わったレシピも紹介しますね。

<材料>
・青梅 1kg
・4L瓶 1本
・氷砂糖400g〜800g
・ホワイトリカー(度数35%) 1,800ml

梅は、スーパーで南高梅1kgを購入しました。品種は、お好みの青梅を選んでください。
瓶は4Lのものを用意。甘党のぼくは800gほど入れてしまいますが、氷砂糖の量もお好みで調整してみてください。
そしてホワイトリカー1,800ml。ホワイトリカー以外に焼酎やブランデーなど、お酒を変えることもできるようですが、初心者の方には雑味のないクリアなホワイトリカーがおすすめです。


まず瓶を消毒します。熱湯をしっかりと回し入れ、完全に乾かしましょう。付属する部品もしっかりと煮沸消毒します。


青梅はよく洗い、乾かします。

乾いたら一粒ずつ竹串を使ってヘタを取ります。ポロっと簡単に気持ちよく取れるのでおもしろいですよ。



瓶に梅と氷砂糖を4回ほどに分けて交互に入れていきます。配分は「おおよそ」で大丈夫。


最後にホワイトリカーを注ぎ入れます。光に当てると梅が色鮮やかでとってもキレイです。
これでひと通りの工程は終わりました。


最後にシンクの下など、温度が変わりにくい冷暗所に置いて保管してください。


3ヶ月ほどで飲めるようになりますが、1年ほど寝かせると、より味わいの深い梅酒になります。
瓶は毎日でなくても大丈夫なので、気がついたときにぐるぐると回してください。
ちょっとした手間をかければかけるほど、なんだか愛着が湧いてくるものです。

週末の、ちょっとした“ものづくり”

工程はシンプルなので、休日の空いた時間にさっとつくれてしまうのも魅力。

今年は梅を漬け込んで、じっくりと梅酒ができあがる時間をたのしんでみてはいかがでしょうか?

のこ
4歳と1歳の甥っ子にぞっこんなminneカメラマン。趣味はフィギュアスケート観戦。