【1,000万分の1作品】わたしの「語りたい作品」<2>

作家さんの想いを込めた作品のひとつひとつが集まって、minneの公開作品数が1,000万点を突破しました。ギャラリーに並ぶ作品の中から「語りたくなる作品」を作家さんに選んでいただき、お話をうかがいました。

作品の物語

minneが誕生したのは2013年のこと。たくさんの作家さんに恵まれ、想いを込めた作品のひとつひとつが集まって、このたびminneの公開作品数が1,000万点を突破しました。

多くの作品が日々生まれていく中でも、はじめて制作した作品、転機となった作品など、作家さんにとっての特別な作品があるに違いありません。そこでSNSにて作家さんにとってのかけがえのない「1,000万分の1作品」を募集。その作品にまつわるエピソードを語っていただきました。

ぷぅぷさん
「コーギーのおしりピアス・イヤリング」

ぷぅぷさん
コーギーのお尻をモチーフにした「コギケツグッズ」をつくりはじめたきっかけは、友人がコーギーちゃんをペットとして迎えたことでした。「コーギーモチーフの作品はいろいろあるけど、コレ!っと思えるグッズがないんだよね…」と言っているのを聞いて、わたしなら、どうつくるかな?と考えたのがはじまりです。

もともとトリマーをしていたこともあり、犬のお尻のかわいさにはずっと前から気づいていたんです。当時はスマホケースや缶バッジもつくりましたが、ひと粒の小さなお尻のアクセサリーがあったら、さり気なくて絶対にかわいいはず!そんな根拠のない自信から生まれたのがこの「コーギーのおしりピアス・イヤリング」でした。

制作中も「絶対にかわいい」と信じて疑わなかったわたし。ところが、ようやく完成し、身内に見せたときに「なにこれ…(笑)」と笑われてしまったのです。「わかってないなぁ」とそのときは突っぱねたのですが、その後出展したイベント会場でお客さまに「お尻だって。やだ~(笑)」と言われてしまい落ち込みました…。イベントでもminneでも売れず、minneのギャラリーから下げようとも考えました。

…が、ある日突然、購入者があらわれたのです。「わたしはかわいいと思うけれど、この方は本当に受け入れてくれたのかな」と、恐る恐る発送したことは今でも鮮明に覚えています。

後日、こんなレビューが届きました。

「これぞわたしが探していたものです」

やっと自分の作品を受け入れてくれる人に出会えた、という安心感で胸がいっぱいになりました。

ぷぅぷさんのminneギャラリーページより
それからというもの「犬のお尻、かわいい!」という仲間にたくさん出会うことができました。百貨店の公式SNSでご紹介いただいたり、お尻の作品を目的にイベントに足を運んでくださる方が出てきたり、と。みなさんのSNSやレビューに支えられて、制作を続けてこられました。

この作品を通して「自分の直感は信じていいんだ」と思えるようになりました。思い切って、自分のつくりたい作品をつくり続けてきたことで、実は今、ずっとチャレンジしてみたかったことが叶うかもしれないというところにきています。もしもチャンスが回ってきたら…今はそれを存分にたのしみたいと思っています。


ぷぅぷさんにとって「コーギーのおしりピアス・イヤリング」は、自分を信じた先に生まれた、かけがえのない作品でした。

【ぷぅぷ】さんの作品一覧

作品を見る

toirohankoさん
「sew together – ‘ 1 ’ 」

toirohankoさん
ウェディングプランナーになることが、子どものころからの夢でした。「人生に一度のかけがえのない日を、色濃く色褪せないものにするサポートがしたい」とずっと思っていたんです。

そしてその夢は叶い、憧れのプランナーになることができたのですが…働くことができたのも束の間。激務に体調を崩してしまい退職をすることになってしまったんです。

幼いころからの夢が、せっかく叶ったにも関わらず、耐えることのできなかった悔しさは計り知れませんでした。同時に、大切な1日を演出するためにスタッフの方がどれだけ身を削り、努力をしているのかを、身にしみて感じることができました。

月日が流れ、主婦になったわたし。minneやイベントでハンコ作品などを販売していくうちに、「いつかウェディングのアクセサリーを制作してみたい」と思うようになっていきました。子どものころからの夢を忘れることはできなかったのです。まずは刺繍の技術やデザイン力を磨く時間を設け、すこしずつアクセサリーの制作・販売をはじめました。

お客さまから、アクセサリー作品にお褒めの声をいただけるようになったので、思い切ってウェディングアクセサリーとしてチャレンジしたのが、この作品「sew together- ‘ 1 ’ 」です。

わたし自身が結婚をしてみて感じた「結婚はこれからの人生をともに繕っていくもの」というイメージに、“縫い合わせてつくる”刺繍はぴったりだと思い、刺繍をメインとしたデザインにしました。作品にも「これからの人生をともに縫い合わせていく」という意味を込めて「sew together」と名付けました。

自分の結婚式にはもちろん、ゲストとして招待されたパーティーでも身につけていただけるデザインにしたいと思い、白でまとめたカラーリングに、上品な中にもアシンメトリーで遊び心のある淡水パールを合わせました。トレンドを大切にしながらも“何年経っても色褪せないデザイン”を意識しました。

この作品をきっかけに、「何歳になっても、フィールドが変わっても、夢は叶えられるんだ」と実感することができました。制作に向けた気持ちもより一層前向きに、ポジティブになりました。

「- sew together – ‘ 2 ’ 」はスパンコールとスワロフスキーを使用した華やかなデザインに。
これからも「sew together」シリーズを大切にしながら、さらにカラードレスにも合わせられる上品で色鮮やかなウェディングアクセサリーや、ヘッドドレスなどにも積極的にチャレンジしてみたいです。


toirohankoさんにとって「sew together- ‘ 1 ’」は、“夢に挑戦する幸せ”に気付かせてくれた作品でした。

【toirohanko】さんの作品一覧

作品を見る


ひとつひとつの作品に、まつわる物語があります。Twitterでハッシュタグ「#ミンネ1000万分の1作品」で検索をすると、さまざまな作家さんの「作品」に関するエピソードをご覧いただけますのでぜひ、チェックしてみてください。

次回の「語りたい作品」をおたのしみに。

取材・文 / 西巻香織