扉を開けたくなるカード vol.20 「_Raikuさん」

作品にそっと添えられていることも多い、クリエイターの名刺やショップカード。イベントやお店に出かけて持ち帰ったり、手渡しでいただいたり…と、普段からたくさんのカードを受け取る編集部スタッフが、心に残った1枚をご紹介します。その人に会いたくなるような、作品を覗きたくなるような、お店に足を運びたくなるような…そんな、次の扉を開けたくなるカードがいっぱいです。

ほっこりとかわいい、コック姿のくまさん。「ほかにはどんな衣装があるのだろう」と、すぐにギャラリーを覗いてみたくなるカードと出会いました。たくさんのカードを並べてみても、意外と少ないピンク色のカード。女の子の好きなものが詰め込まれたようなデザインについて、作り手の_Raikuさんにお話をうかがいました。

_Raiku
ほっこりと癒され笑顔になれるような小物を、羊毛フェルトでチクチクと制作している作家さん。
https://minne.com/@reiiiiiko

作品の魅力とマッチ

ガーリーでとてもかわいいデザインですね。このカードは、いつごろから使われているものでしょうか?
_Raikuさん
これは、今年の4月に新調したものです。フリーランスになるタイミングで一新したいと思い、このデザインを制作しました。作品ともマッチしている気がして、とても気に入っています。

ひと目でかわいい、愛されカラー

「ピンク色のショップカード」って、意外と少ない気がします。
_Raikuさん
それは、たしかに意外ですね。ピンク色もドット柄も、ひと目見て「かわいい」と思えるものだと思うので、そのほんわかとした雰囲気が、羊毛フェルトの作品にぴったりだと思いました。

 

ほっこりとあたたかでキュートなイメージは、まさに「すぎぐま」シリーズとマッチしますね。
_Raikuさん
「◯◯が好きすぎる、くま」のシリーズはたくさんつくっているので、ぜひギャラリーをご覧いただきたいですね。

すぎぐまシリーズの、「カニが好きすぎるくまさん」。

出会うことができる工夫

裏面のQRコードやハッシュタグで、すぐにアクセスできるようになっているのもいいですね。
_Raikuさん
ほかの作品もご覧いただけるように工夫していますね。中央の「カニが好きすぎるくまさん」は、minneや全SNSのアイコンにしている画像なので、検索したときに「これだ!」と気づいてもらえるように掲載しているんです。

 

それは大事な工夫ですね。小さい紙の中に、細かな気遣いが詰まっている気がします。

話が膨らむカード

新調されてから、名刺交換などされる際になにか言われたりしましたか?
_Raikuさん
「かわいい!」と手にとっていただけることが多いのは、やっぱりうれしいですね。作品写真は小さいのですが、「羊毛フェルトですか?」と聞いていただけることも多いので、そこから話が膨らむ…というのも、新しいデザインにして良かったことです。

 

次の会話につながる、というのはカードのとても大事な役割ですよね。
_Raikuさん
このカードが、お客さまとの交流につながるとうれしいですね。

ほっこり、にっこり。


チクチクと針で繊維を絡めながら制作する羊毛フェルト。丁寧な手仕事で生まれるキャラクターたちは、どれもやさしい雰囲気をまとい、思わず指先で撫でたくなるような愛くるしさです。

_Raikuさん
見てくださる方に、ほっこり、にっこり笑顔になってもらえるような作品づくりを心がけているので、カードは作品の世界観を伝えつつ、その出会いの入り口になってくれればいいなあと考えています。

 

ガーリーなデザインに心を掴まれたあとは、裏面のQRコードやハッシュタグを入り口に、たくさんのくまさんやキャラクターたちと出会ってもらいたいですね。

 

最後に、_Raikuさんのものづくりを覗いてみましょう。
おすすめの2作品を選んでいただきました。

ショートケーキくま


「ブローチを購入してくださった方に、“大切に飾っています”と言っていただくことがとても多いので、いっそ飾れるよう額縁に入れてみました」という、ショートケーキが好きすぎるくまさん。

作品を見る

星のころっぺちゃん


コロコロと愛らしい、ペンギンのころっぺちゃん。お星さまが大好きなんだとか。「季節毎にいろんなペンギンさんをつくっていきたいですね」と_Raikuさん。

詳細はこちら

扉を開いて
定番の愛されカラー「ピンク」ですが、ずらりとカードを並べてみるとその数は意外にも少なく、_Raikuさんのガーリーでやさしいデザインは、実はとても目立っていました。羊毛フェルト作品が持つ、あたたかで愛らしい印象を見事に表現している素敵なカードだと思いました。(聞き手/ 中前結花)