minneスタッフの「かばんの中身」見せてもらいました。

各々の“らしさ”がギュッと凝縮されている、かばんの中身を大公開。第18回目はminneスタッフのおかえりです。

大人かわいいバッグの中には…

シンプルな中にかわいらしさがトッピングされた、cotton kitchenさんのトートバッグ。古着のワンピースやユニークなTシャツが好きでよく着ているのですが、どんなコーディネートにも合う、うれしいデザインです。かばんの中で散らばりがちな小物類はカテゴリー別にポーチに収納。ナチュラルでやさしい色合いのアイテムを厳選して持ち歩いています。

【かばん】
cotton kitchenさんのトートバッグ

【かばんの中身】
・フィルムカメラ
・スマホ
・きんちゃく
・財布
・ノートとペン
・小説としおり
・タオルハンカチ
・グロス
・香水
・ポーチ

ボタニカルやアニマル柄など、癒しをくれるようなモチーフ・柄が好み。

こだわりの柄アイテム

毎日持ち歩く「必需品」たちは、どこかストーリーを感じるような、繊細で女性らしい柄のものをチョイス。財布は自分への就職祝いに購入した、憧れのブランド・TSUMORICHISATO(ツモリチサト)のもの。ほかにはないデザインにひと目惚れしました。スケジュールは断然「手書き派」。過去のスケジュールを見返したときに、当時の記憶がよみがえってくる感じが好きなんです。そしてなんといっても、毎年お気に入りの一冊を選ぶのがとてもたのしみ。今年の相棒にと選んだハリネズミ柄の手帳に、毎日癒されています。スマホケースの中には、訓子(kunko)さんのカードを入れています。うっとりと眺めては、いつの間にか時間が経ってしまっている…なんてこともしばしば。

・「訓子(kunko)」さんのカード

気分をチェンジ

ちょこんと並んだねこがキュートなタオルハンカチは、程よいサイズ感と吸収力で、さまざまな場面で大活躍してくれます。キャラクター柄のポーチは会社の先輩からいただいたもので、側に置いておくだけでなんだか見守ってくれているような気持ちになるんです。ポーチの中には気分を変えてくれる「リフレッシュ」アイテムを。グロスや香水のほかに、最近仲間入りしたのがタトゥーシール。繊細なタッチで描かれたお花たちがとても素敵で、首もとや手もとに主張しすぎない華やかさをプラスしてくれます。気分を上げたいな、もっとおしゃれしたいな…と思ったときにいつでも使えるようにポーチの中に忍ばせています。

・「pacho」さんのタトゥーシール(野花柄花束柄

外出に欠かせない趣味グッズ

きんちゃくは、クリエイターのおはなざっかさん、suuさん、Ticklish Bouquetさんの合同イベントで購入したもの。3人のコラボ作品なので、それぞれの個性が感じられる刺繍、タティングレース、イラストが組み合わせられています。中に収納しているのはいつも持ち歩いているフィルムカメラ。小説には、これまた訓子(kunko)さんのしおりを。透け感が美しく、窓際や外で読書をするときは毎回光にかざして見てしまいます。

・「訓子(kunko)」さんのしおり

バッグのアクセントに

バッグが無地なので、合わせるブローチを選ぶのも密かなたのしみ。このお花のブローチも、わたしがハンドメイドの世界を好きになったころから大好きなおはなざっかさんのものです。やさしい色合いで女の子らしく、わたしが理想とする雰囲気に一歩近づけてくれるんです。

気分に合わせて、わんちゃんのブローチに付け替えてたのしんでいます。このふわふわ感と表情が愛おしくてたまりません。ほかにもバッグに合わせるブローチを、もっと集めたいなあ。

・「Merry – Go – Round」さんのブローチ

 
次回もおたのしみに。