【編集部のひきだし】秋冬の装いにも取り入れたい「ロープ」編

毎日たくさんの作品に触れている編集部スタッフの頭の中には、「いつか紹介したい」「自身で使ってみたい」、そんな作品や作家さんのリストをしまっている、自分だけの「ひきだし」があります。そんなひきだしの中から、とっておきの作品をこっそりご紹介する連載企画「編集部のひきだし」。今回は、秋冬の装いにも取り入れたい「ロープ」を使ったファッションアイテムをご紹介します。

める
minneとお買いものが大好きな物書き。息をするようにお金をつかってしまう。好きな食べものはお肉。

この夏、ハンドル部分が「ロープ」でできているバッグを重宝し、その心地よさの虜になりました。ほかにもベルトやバングルなど、夏ファッションのイメージが強い縄状・綱状のアイテムですが、色味や合わせ方で秋冬のファッションにも取り入れられるのではないかと考えはじめました。今回は、そんなわたしが秋冬の装いにプラスしたいと想いを馳せている「ロープ」を使ったファッションアイテムをこっそりご紹介したいと思います。

okiniiriさんの「loop loop rope ピアス」

光沢のあるロープを使った、大ぶりのピアス。よく目立つのに、上品な印象を与えてくれるデザインです。ネイビーとボルドーは、これからの季節にも取り入れやすい組み合わせ。ニットと合わせてみるのもよさそうです。

作品を見る

giuliayさんの「フリンジネックレス」

シルク・コットンで編み上げられたネックレスです。夏のシンプルな装いやビビッドカラーに合わせるのももちろん素敵ですが、同じくコットンの七分袖やマスタードカラーのハイネックなどと合わせてみると秋ファッションにも対応できそう!と心が踊ります。

作品を見る

KALEIDOSCOPEさんの「床革トートバッグ『mare』」

コルク材のような質感がおもしろい、シンプルなレザーバッグです。カチッとしたボディとハンドルのロープの相性が絶妙にかわいい。使用されているのは、上質な「栃木レザー」。マリンスタイルにもトレンチコートにも似合うデザインです。

作品を見る

manatulaさんの「マクラメキーホルダー」

近ごろのマイブーム「マクラメ」。こちらも夏やマリンが似合うアイテムですが、秋冬はケーブル編みのニットバッグなどに付けて、たのしみたいと考えています。コットンロープならではのやわらかな印象が魅力。

作品を見る

someietmiaiさんの「トワルドジュイ サテンロープ マリンバッグ」

Toile de Jouy(トワル・ド・ジュイ)は、フランスで広く愛されている生地。夏のスタイルにはもちろん、優美な絵柄と落ち着いた色味は秋口の装いにもぴったりです。サテンロープの持ち手が、一層、品のよさを引き立てています。

作品を見る

tippy_antiqueさんの「rope tassel pierce」

ゆらゆらと揺れるたび女性らしい印象を与えてくれる、タッセルピアス。片方にだけ光沢のあるロープがぎゅっと結ばれているアシンメトリーデザインです。もう片方に閉じ込められているのは、ドライフラワーの「ペタル」。ドレッシーなスタイルに合わせたい一品です。

作品を見る

0291factoryさんの「Gold chuck.c カメラポーチ」

秋のお出かけのおともにしたいのはカメラ。帆布を使ったコンパクトなカメラポーチは、ロープで袋口を調節できるようになっています。ベルトを取り付ける事でポーチバックにも変身するので、ミニバッグとして使用することも可能です。

作品を見る

 
わたしのひきだしから厳選してみました。みなさんの作品選びや、お買いものに、役立ちますように。

次回もおたのしみに。