9月のおでかけ 9/16〜9/30

「ものづくり」を愛するひとにおすすめしたい、イベントやスポットを集めました。お出かけのご参考に。

くらしごと市 in 清澄白河

「くらしを豊かにするモノたちとつくり手の温度に触れるマーケットイベント」として、つくり手たちの日々の仕事から生まれるモノやコトたちを、東京と大阪に拠点を構えるondo galleryがセレクトしてお届けするイベントです。第4回目となる今回は、初の東京開催が実現。ondoがフラットにつないで行きたい場所をテーマにし、9月「TOKYO」 10月「LOCAL」 11月「GLOBAL」とそれぞれの魅力を3回に渡って紹介されます。各回、約30~50組のイラストレーター・作家やブランド、飲食店などが出展予定です。

くらしごと市 in 清澄白河
場所:THE FLEMING HOUSE/東京都江東区三好2-6-10
期間:9/21(土)~9/22(日) 10:00~20:00(最終日は18:00まで)
入場料:無料
HP:https://galleryondo.wixsite.com/kurashigotoichi4

山本伊代奈「melon on stage」

「たとえば、メロンがステージや舞台に立っているような、<あそび/play>という感覚を感じられる展示にしたい」―ドローイングをしたり、制作することはある種の遊びのようでもあるという山本伊代奈さん。彼女の作品は「いいなと思う線がある光景やグッとくる瞬間」をテーマ・モチーフにしています。今回の展示では、ドローイングだけではなく、ひとつのテーマの作品で空間をつくり、入り込んでいけるようなインスタレーションになっています。ぜひ足を運んでみてはいかがでしょう。

山本伊代奈「melon on stage」
場所:bgm gallery and shop/京都府京都市下京区早尾町313-3 五条モール1F 102
期間:9/21(土)~10/20(日)13:00〜19:00(最終日は17:00まで)
定休日:火~木曜日
入場料:無料
HP:https://bgmkyoto.tumblr.com/

第8回 紙マーケット

「孔版印刷」という技法を使い、“レトロな印刷”の魅力を届けているレトロ印刷JAM。今回の紙マーケットでは、レトロ印刷JAMの倉庫に眠っている紙たちをはじめ、オリジナルマスキングテープなどが販売されます。そのほか、アーティストのグッチさんによる切り絵の似顔絵や、十三のかき氷やさん、のぐちしょうてんさんの出張販売なども実現。詳しい日時はホームページをご確認くださいね。

第8回 紙マーケット
場所:レトロ印刷JAM/大阪府大阪市北区豊崎6-6-23
期間:9/27(金)~9/29(日)10:00〜19:00(最終日は17:00まで)
入場料:無料
HP:http://jam-p.com/kamimarket8/

kiam x HIKARI MASUDA「ぼくらのワードローブ」

岡山を拠点にオリジナルアクセサリー制作とヴィンテージショップを営む「kiam」と、 愛知を拠点に“変な形だけどちゃんと使える”をモットーに、くまやコアラの陶器をつくる陶芸家「増田 光」の二人展が開催されます。コラボアクセサリーもお目見え予定。

kiam x HIKARI MASUDA「ぼくらのワードローブ」
場所:NEW PURE +/大阪府大阪市中央区淡路町1-1-4
期間:9/28(土)~10/27(日)12:00〜19:30
休館日:水曜日
入場料:無料
HP:https://new-pure-plus.tumblr.com/

佐野美里 個展 「Hi sweetie!」

犬をモチーフに制作する彫刻家・佐野美里さんの大阪巡回展です。宮城県松島町にアトリエを構える彼女は、女性の身体性を犬の姿で表現している彫刻家。大切な誰かを想う気持ちや、当たり前の日常に感じる尊さをテーマに制作しています。「可愛い子、早く生まれておいで」と愛でながら生み出された佐野美里の作品は、まるで子どもの成長に寄り添うように人々のくらしに根付いています。手彫りの温もり溢れる彫刻を、ぜひそばで体感してみてはいかがでしょう。
※犬のお客さまも抱っこいただければ展示を一緒にご覧いただけます。

佐野美里 個展 「Hi sweetie!」
場所:ondo tosabori,osaka/大阪市西区土佐堀1-4-3 西田ビル3F
期間:9/19 (木)~9/29(日)12:00〜19:00(最終日は17:00まで)
定休日:火、水曜日
入場料:無料
HP:https://ondo-info.net/

紙博 in 福岡 vol.2

前回大好評だった「紙博」が福岡に再び上陸。紙のデザインを手掛けるクリエイターやメーカー、イラストレーター、文具店、ヴィンテージショップ、印刷・加工会社など、51組の出展者が集結します。会場では、文房具好きなら誰もが知っている、ノートの老舗メーカー「ツバメノート株式会社」や、“記憶に残る印刷物”をテーマに、活版印刷をはじめ心動かすディテールの印刷を手がける神戸の印刷会社「啓文社印刷」などによる、こだわりのペーパーアイテムを目にすることができます。日替わりでワークショップやトークショーなど、さまざまなイベントが行われるので、詳しくはサイトをチェックしてみてくださいね。

紙博 in 福岡 vol.2
場所:南近代ビル貸会議室3階・7階6号室/福岡県福岡市博多区博多駅南4-2-10
期間:9/28(土)~9/29(日)10:00〜17:00
入場料:700円(小学生以下無料)
HP:http://kamihaku.jp/201909/