やさしい気持ちにしてくれる、きつねのティッシュケース

洋服や持ち物もシンプルなデザインが好きなわたしが、唯一コレクションしている「きつねモチーフ」。その中から、ほっこり癒される表情が魅力的な、きつねのティッシュケースをご紹介します。

せんせい
見た目が先生っぽいことから「せんせい」と呼ばれるようになる。新作スイーツのチェックが日課のminneスタッフ。

表情にひと目惚れ

・aacoさんのきつねのティッシュケース

以前から、aacoさんのギャラリーを眺めては「かわいいなあ」と思っていたのですが、ハンドメイドマーケットで実物を拝見し、このつぶらな瞳に胸を撃ち抜かれました。というのもわたし、以前も紹介させていただいた通りきつねモチーフにめっぽう弱いのです。

aacoさん
わたしがはじめてつくったのは、ねずみさんモチーフの「とんがり帽子」。当時、幼稚園生だった長男のお友達がねずみが好きで、いっしょに遊べたらたのしいだろうなという気持ちがきっかけです。その後に選んでいったどうぶつたちは、幼いころに読んで心に残っている絵本の影響が強いかもしれません。いろいろな絵本の中でのんきにたのしそうに暮らすどうぶつたちが大好きでした。


シンプルなのに、あたたかさとかわいらしさがあるデザインが大好き。ティッシュを取り出すたびに、友人から「かわいいね!」「どこで買ったの?」と、必ず聞かれます。

aacoさん
もともとシンプルなデザインが好きだったので、出来る限り素朴な雰囲気に仕上げたいという気持ちがありました。“北欧の湖のほとりに住む手芸好きのおばあちゃんが、孫のためにざくざくつくる大らかなぬいぐるみ”をイメージしています。以前お客さまに「素朴でポチョッとしたデザインが好き」と言っていただいたときは、心にしっくりときてとてもうれしかったです。


「ティッシュといっしょに、ばんそうこうや粉薬などの大きめでぺたんこなものを入れることもできます」とのことで、わたしもティッシュのほかに予備の名刺などを入れたりしています。

バッグの中の住人に


購入して以来、欠かすことなく毎日持ち歩いていますが、目にしたときも手に触れたときも癒されるし、なんだかやさしい気持ちになります。あたたかみのあるイエローやきつねのふわもこをイメージさせる質感に日に日に愛着がわいて、まるでぬいぐるみのよう。aacoさんに、今後仲間入りする予定のどうぶつをうかがってみました。

aacoさん
最近、ミニポーチに仲間入りしたのがコアラです。コアラとラッコが好きなのでラッコの小物もつくれたらいいなぁと考えています。以前にお友達の赤ちゃんにつくったカンガルーの帽子もまたつくりたいです。ポケットから子どもが顔を出している様子がお気に入りだったんです。

ラッコやカンガルー…想像しただけで胸がわくわくしますね。aacoさんの作品に落とし込まれたら、どんな風になるのかとてもたのしみです。

「aaco」さんのギャラリーはこちら