作家・MaHoMeさんが息子さんを想ってつくる缶「アヒルちゃんとおふろ」

【PR】家族や友だち、ペットなど、大切な誰かを想って、世界にひとつのニベアクリーム缶をつくってみませんか?この連載では、人気作家さんと編集部のスタッフが「大切なひとへの想い」をテーマにつくった、その名も『フォーチュンデコ缶』を順にご紹介します。第1回目は、MaHoMeさんが息子さんを想ってつくった作品です。

誰かを想ってつくる喜び

誰もが知る定番アイテム「ニベアの青缶」を飾り付け、作家さんに「世界にひとつのニベアクリーム缶」をつくっていただきました。テーマは「大切なひとへの想い」。
感謝や愛情を形にした作品は、作り手にも幸運を運んでくれるアイテムになるかもしれません。

みなさんがつくった「フォーチュンデコ缶」を募集しています。詳しい応募方法は、特設ページをご覧ください。

毎日をご機嫌に


不思議な画材アクセサリー「いろいろ出てくる絵の具ブローチ」をはじめ、パンダやアヒルをモチーフにした作品を、原型から丁寧に制作しているMaHoMeさん。「毎日をご機嫌に過ごせるアイテム」が、ものづくりのテーマです。

「MaHoMe」さんのギャラリーはこちら

今回は、そんなMaHoMeさんが、生後4ヶ月の息子さんを想ってニベアクリーム缶をデコレーションしてくれるそう。
いったい、どんな作品が完成するのでしょうか。

陽当たりのいいアトリエで


デザイン・試作が完成したとのことで、特別にMaHoMeさんのアトリエにうかがわせていただきました。


息子さんは、お昼寝中。
息子さんを想ってつくる作品は、「お風呂をテーマにしようと思っています」とのこと。実際に、お風呂上がりにはニベアクリームをいつも塗ってあげているんだとか。

息子さんの寝顔を見ながら

「ラフ案ができているんです」とMaHoMeさん。普段からタブレットやノートにアイデアや構想をあれこれと書き留めているといいます。

MaHoMeさん
お風呂デザインのもの、ガチャポンの形になったもの、の2パターンで検討をはじめました。だけど、やっぱり「息子との時間」を考えると「お風呂かな」って。

タブレットも活用されているんですね。
MaHoMeさん
パソコンのある場所まで行かなくても、息子を見ながら、どこでも気軽にささっと作業ができるのが便利で愛用しています。

 

まさに眠っている息子さんの横で、息子さんを想って考えられたデザインになっているんですね。
MaHoMeさん
そうですね。寝顔を見つつ考える、というとてもたのしい時間でした。

素材をつくる

それではまず、パーツづくりから。

MaHoMeさんといえば、アヒルちゃんやパンダ。樹脂粘土で形をつくっていきます。このパーツはそのまま装飾に使うのではなく、型抜き用だそうです。

型ができたら、樹脂粘土を詰めて型抜きをしていきます。
 

こんなに小さいんですね。
MaHoMeさん
缶の上ですべてを表現するために、今回はかなり小さいものをつくることにしました

 
お次はレジンを流し込んで、クリアなパーツをつくっていきます。

この、とても小さいパーツはなんでしょう?
MaHoMeさん
これは、おもちゃの車ですね。今はまだ小さくて遊べませんが、きっとこの先、彼が欲しくなるようなお風呂で遊ぶおもちゃをイメージして、いくつか小さなおもちゃをつくっておいたんです。

 
手がぷるぷると震えてしまいそうな細かい作業です。

レジンをライトで固めると、こんなパーツが完成しました。
 

どうぶつのおもちゃ、車、たくさんの種類ができ上がりましたね。これは、「お風呂の泡」のようなイメージでしょうか?
MaHoMeさん
そうですね、両親にタオルで泡をつくってもらったり、兄弟で騒がしくシャボン玉をしたり、色々なお風呂の泡を思い出しながらつくりました。

小さなパーツたちが出揃いました。細いアクリル棒を使って制作されたシャワーや積み木はこんなにも繊細です。

そして、最後に湯船を思わせる、透明感のある「お湯」をつくります。


色を混ぜ合わせて着色。


ブルーに染まったレジンを、用意していた型へとろ〜りと流し込んでいきます。ライトを当てて、しっかりと固めて完成です。


これで、飾り付ける素材がすべて出揃いました。

ニベアクリーム缶に想いを乗せる


丁寧につくったパーツを、いよいよニベアクリーム缶の上に乗せていきます。

配置にもこだわりがありますか?
MaHoMeさん
そうですね、「絵本」のようなストーリーを表現したいなと思っているんです。シャワーから出てきたアヒルちゃんが、ぷかぷかと泳いでいくような。

 

ぐるっと右回りにお話が完成するんですね。


こうして、MaHoMeさんの「アヒルちゃんとおふろ」が完成しました。

「アヒルちゃんとおふろ」

気持ち良さそうに泳いでいるアヒルちゃんがシャボン玉の中に入っていきますね。
MaHoMeさん
大まかな流れはありますが、これひとつで、いろんなストーリーを想像できるといいかもしれませんね。

息子さんへの想いをおしえてください。
MaHoMeさん
今は、特に機嫌も崩さず喜んでお風呂に入ってくれていますが、きっと1歳になり、2歳になり…この先、お風呂を嫌がったり、お風呂上がりに言うことを聞いてくれない日もあると思うんです。そんなとき、この缶を一緒に見ながら絵本を読むようにお話をして、「お風呂ってたのしいよね」「アヒルちゃんと一緒に入ろうね」と語りかけてあげられるような。息子もこれを見て、たのしくお風呂に入りたくなるような。そんな作品が完成したんじゃないかなあと思います。

 
数年後まで見据えた、やさしくあたたかいお母さんの想い。お話をうかがいながら、うらやましい気持ちでいっぱいになってしまいました。
この先のおふたりの、たのしいお風呂時間を願っています。

誰かを想って、つくりませんか?

家族や友達、ペットなど、大切な誰かへの想いを込めた、あなたの手でつくる「世界にひとつのフォーチュンデコ缶」を募集します。

フォーチュンデコ缶コンテスト
あなたがつくる、世界にひとつの『フォーチュンデコ缶』を募集しています。NIVEAの商品が当たるプレゼント企画や、MaHoMeさんを講師に迎えたワークショップの参加も募集中!
応募はこちらから

協力 ニベア花王株式会社
 
 
取材・文 / 中前 結花  撮影 / 真田 英幸