【編集部のひきだし】名入れもうれしい、わたしだけの「AirPodsケース」編

毎日たくさんの作品に触れている編集部スタッフの頭の中には、「いつか紹介したい」「自身で使ってみたい」、そんな作品や作家さんのリストをしまっている、自分だけの「ひきだし」があります。そんなひきだしの中から、とっておきの作品をこっそりご紹介する連載企画「編集部のひきだし」。今回は、まだ「AirPods」を持っていないわたしが、うっかり先走って購入しようとしている「AirPodsケース」をご紹介します。

める
minneとお買いものが大好きなライター。息をするようにお金を使ってしまう。アイスコーヒーを飲まないと眠ってしまう。

わたしは、コードつきのイヤホンを愛用していて、まだワイヤレスイヤホンを持っていません。おまけに「AirPods(エアポッズ)」を「エアポッツ」だと勘違いしていました…。あまりにも恥ずかしいので、この週末買いに出かけることに。そしてひとまず、素敵なケースを手に入れて、それだけでも自慢したいと思い立ったのです。お気に入り登録したものの中から、厳選してみなさんにもおすすめのケースをご紹介しますね。

shiho_artさんの「葡萄色手描きケース」

葡萄色、ゴールド、深みのあるブルーが、舞う花びらのように描かれた、シックで艶っぽいデザインです。アクリル絵の具のその立体感ある筆跡に、独特の味わい深さが。コスメポーチに入れたくなるような美しさです。

作品を見る

umi-nekoさんの「イニシャル レザーケース」

男性にもおすすめしたい、ダメージレザー風のシンプルなケース。手馴染みはもちろん、しっくりとデスクの上でも馴染んでくれそうなアースカラーが揃っています。アルファベット1文字を刻印してもらえるのもうれしいポイント。

作品を見る

amakasuさんの「drawing flowerケース」

やさしいタッチで、それぞれ花束が描かれた3種類のケース。イラストの風合いと無機質な黒色のミスマッチが、なんとも魅力的なデザインです。そっと結われた花束、あなたならどれを選びますか?

作品を見る

UK Tridentさんの「デニムケース」

本物のノンウォッシュデニム生地を使用した、ぴったりサイズのケースです。持ち運びしやすいリングフック。開閉しやすいマグネット仕様。デザイン性だけでなく、その使い勝手もしっかりと設計されたデザインになっています。

作品を見る

Usagida Maikaさんの「しろくまるケース」

Usagida Maikaさんが手がけるオリジナルキャラクター、しろくまの「しろくまる」。よく見ると、その耳には「AirPods」らしきものが…?しろくまると一緒に音楽をたのしむことができる、ほっこりうれしいデザインです。

作品を見る

IllustCodeさんの「家出したハリネズミのケース」

「思春期特有の心の迷い」から、家出をしたというハリネズミちゃん。大きな葉っぱの下で雨宿りする様子がなんとも愛くるしいデザインです。イラストレーター・IllustCodeさんが紡ぐ、小さな物語から切り取られたワンシーンをたのしんでください。

作品を見る

いつきさんの「ラテ」

ぴょこんと飛び出た耳がかわいい、わんちゃんモチーフのケース。中にはソフトカバーが仕込まれていて、表面は水洗いすることも可能。バッグに入れて、いつも持ち歩く「相棒」にぴったりなデザインです。

作品を見る
 
わたしのひきだしから厳選してみました。みなさんの作品選びや、お買いものに、役立ちますように。

次回もおたのしみに。