本物そっくりな「ミニチュアのアジフライピアス」

小さくて愛らしいミニチュアフードのアクセサリーをつくりましょう。以前にご紹介した「焼き鮭ピアス」に続き、今回つくるのは「アジフライピアス」です。今にも香ばしい香りがただよってきそうなユニークな揚げものピアス。コーディネートのワンポイントにぜひ。

レシピを教えてくれた人:「すまいる*工房」さん
「リアルだけど可愛らしい」をコンセプトにミニチュアフードを制作。「minneハンドメイド大賞2016」ではBENTO-Pierce(弁当ピアス)で特別賞を受賞。

https://minne.com/@smile-studio


用意するものはこちら

作業台(牛乳パックをカットしたものでOK)
カラースケール(パジコのもの。カラーチャートがセットでついてきます)
木工用ボンド
多用途接着剤
デザインナイフ
細筆
化粧用スポンジ
モデナ
モデナソフト
アクリル絵の具(シルバー、チョコレート、ブラック、ゴールド、イエローオーカー、バーントアンバー)
模型用砂
丸皿付きピアス

アジの開きのかたちをつくる


アジの粘土をカラースケールの配合で用意し、混ぜます。
左から順にモデナ(カラースケールE)、モデナソフト(カラースケールC)です。


しずく形にし、作業台の上で指で押さえて平らにします。

写真のようにデザインナイフでカットし、線を入れます。

衣をつける

アクリル絵の具を4色(ゴールド、シルバー、チョコレート、ブラック)出し、背用と腹用に色をつくります。

背と腹にそれぞれ細筆で色を塗り、尾は少しブラックを足して混ぜ、濃く塗ります。

木工用ボンドを尾以外に塗り、模型用砂をまぶします。

表裏に砂(パン粉の衣)を付けたところ。

アクリル絵の具を3色(バーントアンバー、チョコレート、イエローオーカー)出し、揚げ色をつくります。

揚げ色をスポンジに取り、衣の上を軽く叩くようにして色を付けます。

仕上げる

多用途接着剤で丸皿付きのピアス金具を付けたら、アジフライピアスの完成です。

リアルなのにかわいい!
「樹脂粘土で作るミニチュアフードのアクセサリー 」
今回ご紹介したレシピは「樹脂粘土で作るミニチュアフードのアクセサリー 」で詳しくご覧になれます。お弁当ピアスのほか、さまざまなミニチュアフードアクセサリーのレシピをご紹介していますので、手にとってご覧になってください。

この本を見る

なおレシピをご紹介いただいた、すまいる*工房さんのギャラリーでは、現在、さらに進化したよりリアルなアジフライピアスも登場しています。ぜひ、覗いてみてくださいね。

ギャラリーはこちら


ハンドメイドの作品レシピ
思わずつくりたくなるような、ハンドメイドの作品レシピをご紹介します。
レシピ記事一覧はこちら