コレクターズ vol.6「わたしの、ブローチ&ピンバッジコレクション」

ひとつ、ふたつ、と集めるうち、気づけばたくさんの数に囲まれて暮らしている。人にはそれぞれそんな「何気ないコレクション」がある気がします。今回ご紹介するのコレクターは、同僚のきでりんさん(男性)。いつもシャツの胸もとにはユニークなブローチやピンバッジが、ちょこんと添えられています。並べてみると、こんなにたくさん。

気づけば増えているコレクション

いつもシャツの襟や胸もとに、思わず「これは、なんですか?」と尋ねたくなるような、ユニークでかわいいワンポイントを身につけている、同僚がいます。デザイナーのきでりんさん。「これはね、」とひとつひとつ説明してくれるので、うれしくなってしまいます。

こうして見てみると、どうぶつがいっぱい。みんな「生き物」ですね。
きでりん
そうそう。どうぶつが好き、っていうのももちろんあるけど。樹脂だとか金属だとか、土だとか。そういう無機質な素材に、作家さんの創造力と手仕事が加わることで、そっと命が吹き込まれたみたいに感じて、なんか、おもしろいなあって。

不思議と、どれも本当に生き生きして見えますもんね。
きでりん
それで気に入ったものがどんどん増えて。メガネトレイに入れてたんだけど、もう溢れ出してきちゃった(笑)。今日持ってきたのは、ごく一部なんです。

ピンとブローチ

ピンバッジが7個。ブローチとピンバッジって、使い方に違いはありますか?
きでりん
つける位置が変わるかなあ。ブローチは、シャツやスウェットの胸もとにつけることが多いです。ピンズ(ピンバッジ)は留め具が分離して突起してるから、シャツの胸にはちょっとつけづらくて。ジャケットやコートの襟につけたりね。

 

そうか。襟につけるのもかわいいですよね。サイズも小さいものが多いですけど、どれも目を惹くデザイン。
きでりん
《我が子を食らうサトゥルヌス》まである。

 

これは、怖カワイイ。

触れたくなる、素朴なぬくもり

木製もたくさんありますね。「木」の良さってなんでしょう。
きでりん
なんと言っても軽いのがいいですね。Tシャツに付けても、生地を傷めにくくて。あとは、木製ならではのぬくもりもやっぱり好きですよ。

 

独特のやさしい風合いがいいですね。
・「アルパカの兄弟」さんのメイプルのブローチ
・「PLANTER」さんのフェネック

糸で紡ぐ奥深さ

技法はそれぞれだけど、刺繍がほどこされたものも多いですね。
きでりん
糸が織りなす「やわらかさ」みたいなのもいいですよね。技法はもちろん、束ねる本数だったり、色の選び方、土台の布目の細かさによっても、グラフィカルな表現に違いが生まれる。同じ色の糸でも、束ねる本数が違えば立体感に差が出るし、縫い方を変えて輪郭を表現することもできるしね。

 

奥が深い。きでりんさんも、刺繍されるんでしたっけ?
きでりん
自分でやってみると、すっごく難しい(笑)。それぐらい繊細なものだから、作品を見て「すごいなあ」と思うし、魅力的ですよね。
「rengerenge」さんの(アヒル・ペンギン)
・「pandem」さんのラッコ
・「SU」さんのフタゴブローチ

主役のブローチ

ちょっとしたワンポイント」だけじゃなくて、ファッションの「主役」になってくれるブローチもありますね。目が奪われちゃう。
きでりん
ディズニーの90周年っていうメモリアルなタイミングで、作家さんたちと一緒にものづくりができたっていうのは、やっぱり感激しちゃって。記念に、LINDA TOKYOさんのコラボ作品を買いました。

 

すごくわかります。
きでりん
恐竜も好き。

 

アクリルの恐竜、かっこいいですね。
きでりん
小学生のとき、ランドセルにキーホルダーの「恐竜図鑑」って小ちゃい本ぶら下げてたぐらい。

 

ああ、クラスの男の子が付けてた。懐かしい。
きでりん
それそれ。いまだにやっぱり好きですよ。
・「LINDA TOKYO」さんのCookiesミッキー
・「LINDA TOKYO」さんのCookiesミニー
・「にせんちめんたる」さんのアタマオハナトプス
・「にせんちめんたる」さんのマエカガミロロフス

胸もとにノスタルジック

樹脂でコーティングされたものも、つるんとかわいい。
きでりん
涼しげだし、どこかノスタルジックな雰囲気もあっていいですよね。秋刀魚なんて、秋にぴったりでしょう。

 

海の生きものも多いですよね。
きでりん
ぼくが泳ぐの苦手だから、憧れてるのかもしれない(笑)。
・「hiish」さんの秋刀魚
・「つばめ屋」さんの時風ブローチ

気づけば傍にあるもの

ブローチのコレクションを始めてすぐに買ったという、ツバメ屋さんのブローチ。

きでりんさんが、ブローチやバッジを集め始めたのには、実はちょっとしたきっかけがあったと言います。

きでりん
「minne」の開発をする事業部に配属されることになったことかなあ。お客さんとしてちゃんと体験しなきゃ、という想いもあって。

 

まずは、自分もファンになる。
きでりん
そうそう、そうしなくちゃと思って。なにがいいかなと思ったときに、ぼくは以前からワンポイントの刺繍がほどこされたシャツを買うのが好きで。だけど高価だからいくつも買うことができなかった。それで、「そうか、ブローチを集めれば、毎日いろんなワンポイントをたのしめるなあ」と思って。

 

ちょっと「意識して」始めたコレクションだったんですね。
きでりん
うん。だけど今は、ただ好きで、とっても自然。

 

ちゃんと、作家さんのものづくりのファンになれた、ってことですね。ああ、なんだかすごくしみじみと。聞けて嬉しいお話でした。
きでりん
minneデザイナー。教師になるつもりがデザイナーになり、今は動物ブローチを集めている。

 
取材・文 / 中前結花  撮影 / 真田英幸