素敵な器でいただきます。vol.10「奥渋谷のカフェ、Meals」

食事をするとき、その器が素敵だとおいしさも倍増するような…とってもしあわせな気持ちになりませんか。目でみてたのしめる、味わってたのしめる、そんな豊かな「いただきます」の時間を堪能できるお店をご紹介します。第10回目は、人気の奥渋谷エリアにあるカフェ「Meals」にお邪魔してきました。

器屋さんのカフェ

代々木公園駅から徒歩6分。人気の“奥渋”こと奥渋谷エリアにあるカフェ「Meals」が今回の目的地。NYのアパルトマンのような雰囲気を持つ建物の2Fにあります。

足を歩み進めていくたびに心が踊る、おしゃれな内装。

2Fへと続く階段をのぼると、真っ白の扉が。

その扉を開けると、あたたかな空気感が流れる広々とした空間が広がっていました。

「Mealsは、愛知で食器のデザイン・企画をしている『マルミツポテリ』の直営店舗なんです。わたしたちは、器を販売するだけでなく、器を通していかに食事の時間をたのしむか、ということを考え、提案し続けているんですよ」。話してくださったのは、スタッフ内田久美子さん。

本社のある愛知県瀬戸市は「瀬戸物」の語源でもある瀬戸焼の産地。Mealsでは、瀬戸焼をはじめとする、丁寧に窯焼きで制作されたマルミツポテリのオリジナルブランド「STUDIO M’」「SOBOKAI」の器で、家庭料理をいただくことができます。

「この建物自体が“食をたのしむ”ということをテーマにつくられているんです。1Fはマルミツポテリの食器を扱う『Dishes』、2Fはその器で食事をたのしめる『Meals』、3Fは料理教室などを開催する『富ヶ谷食事研究所』として、それぞれが連携をしながら営業しています」。

1Fの「DISHES」には、常時1,000点以上の器がずらり。シーン別やカラー別など、さまざまなカテゴリーでディスプレイされているので、テーブルコーディネートのヒントもつかめそう。

3Fの「富ヶ谷食事研究所」では、予約制の料理教室やフードコーディネートの講座などを開催。

1Fから3Fまでを総称してつけられた名前は「MEALS ARE DELIGHTFUL」。“食器によって、食事をたのしくしたい”という強い想いが込められています。

家庭料理に新発見を

Mealsのコンセプトは“一汁三菜をベースとした家庭料理を提供する”こと。「家庭料理のように身近な食材を使いながらも、新しさのあるメニューを日々、考案しています。意外な組み合わせやひと手間のかけ方など、ここに訪れることで出会えるおどろきや発見をみなさんにたのしんでいただきたいんです」。

食材は季節を先取りせず、旬のものを使用。それは、いま美味しい料理をいま食べてもらうために、さらに家庭でもつくってもらえるように、という想いから。

カフェメニュー表の味わいのあるイラストは本社スタッフの手によるもの。「直接的な写真を載せる以上に、どんな料理なんだろう、どんな質感なんだろう、どんな香りなんだろう、と想像力が湧きませんか?」と内田さん。

調理の音が聞こえてきたり、スパイスの香がただよってきたりと、ライブ感が心地いいオープンキッチン。「美味しかったよ」「調味料は何を使っているの?」など、お客さんとの会話が弾むことも。

インテリアのほとんどは、社長がひとつひとつ集めてきたもの。古いものと新しいもの、その両方をうまく取り合わせたNY街の雰囲気をイメージしているそう。

ウッドデッキのような床板には、窯屋さんが素焼きの器を運ぶときに使う「もろ板」を利用していると言います。「もともと泥だらけだったものをスタッフが磨き、床として使用しているんです。これも器屋ならではのストーリーですよね。よく見るとところどころに屋号の判が押してあるので、訪れた際にはぜひ、探してみてくださいね」。

厳選された器で

「社長をはじめ、スタッフ全員、本当に器が大好きで。ひとりの意見をきっかけに生まれる器もあれば、みんなで意見を出し合って、デザインが固まっていく器もあります。その器のひとつひとつに素敵な名前と、ストーリーがあるんですよ」。

春夏、秋冬の2シーズンに新作が誕生するマルミツポテリ。オリジナルカタログでは、新商品を中心に、各器のストーリーや、器を活かせるレシピも掲載されています。「内容が濃くておもしろいので、思わず休憩時間中も熱心に読み込んでしまいます(笑)」。

「数ある種類の中から、食べやすさや、お客さまの雰囲気を見て器を選ぶ時間もたのしいんです」。

メニューをオーダーする側もまた、どんな器で運ばれてくるのかとわくわくしてしまいますね。今回は、メニューのイラストで心惹かれたスイーツと、ちょっぴり変わったドリンクをオーダーすることにしました。

豊かな気持ちで「いただきます」

運ばれてきたのはこちら。
まずは、カカオ70%のビターチョコレートを贅沢に使用した「チョコレートケーキ」から。生チョコのようなしっとり感に、自家製オレンジピールの酸味がアクセントになっていて、爽やかさも加わった一品でした。添えられたクリームにはマスカルポーネの風味がふわり。

器は、料理の飾り付けに人気の植物と同じ響きを持つ「マーシュ」。上品な白さの8角フレームはまるで額縁のよう。チョコレートブラウンを美しく引き立てていました。面が広いので食べやすさも◎。

合わせてオーダーしたドリンクは「キャロットミルクチャイ」。にんじんを乾燥させて甘さを凝縮し、スパイスと一緒に煮立ててつくられているという、やさしい甘さをたのしめる一品でした。器はフランス語で“花束”を意味する「ルブケ」。ペールトーンのふっくらとしたフォルムが、優雅なお茶の時間を演出してくれます。

店内でひときわ人気を集めていた「カスタードプディング」もオーダーしました。昔ながらの硬めを意識したという、オリジナルのプリン。ほろ苦いカラメルも絶妙でした。器はフランス語で“花開く”という意味を持つ「エクロール」。シンプルながら華やかな印象に仕上がっていますね。

合わせてオーダーしたのは「スパイスホットコーヒー」。丁寧に煎れられたハンドドリップのコーヒーに、スパイスパウダーを混ぜてたのしむことができる、新感覚のコーヒーです。わたしが選んだスパイスはシナモン。ほどよい甘味とエキゾチックな香りで、カスタードプディングとの相性も抜群でした。

赤荒土で独特の風合いを出した、大きな持ち手と大容量が特徴の「マウンテンマグ」に、受け皿として使用されているのは「トリベット」という名前の鍋敷き。職人の手でひとつひとつ掘られたロゴは凹凸があるものの、凸部分の高さは均一のため、上にものを乗せてもガタつかないというこだわりが。ワンプレート皿としても重宝しそうです。

それぞれの食器の名前やストーリーを知ったことで、“美味しい”に加えて、どこか豊かな気分で食事をたのしむことができました。

Mealsで気に入った器は、すべて1FのDishesで購入可能というところもうれしいポイントです。

食べることが好き、器が好き、お料理が好き。いずれかに当てはまる方は「MEALS ARE DEELIGHTFUL」へぜひ。1F、2F、3Fと、1日の大半を費やす勢いでたっぷり「食」にまつわる時間をたのしむことができるはずです。

また、Mealsの一汁三菜をベースにしたお食事メニューでは、一度によりたくさんの器に触れることができますのでぜひそちらもチェックしてみてください。

次回はどんな素敵な器とごちそうに出会えるのでしょうか。
乞うご期待。

Meals
住所:渋谷区富ヶ谷1丁目17-5-2F
営業時間:11:30~18:30(LO18:00)+cafe time14:00〜
定休日:水曜日
公式サイト:https://www.marumitsu.jp/m_a_d/meals

取材・文 / 西巻香織   撮影 / 真田英幸