「見る」おでかけ 12/1〜12/31

「ものづくり」を愛するひとにおすすめしたい、見てたのしめるイベントやスポットを集めました。お出かけのご参考に。

EVEREST

23歳で七大陸最高峰登頂を果たし、その後もヒマラヤの8,000メートル峰への遠征を重ねている写真家の石川直樹さん。この度、2度目のエヴェレスト登頂 (2011年)と、2度にわたるK2遠征 (2015年、2019年) を経て制作された写真集『EVEREST』・『EVEREST / K2』の刊行を記念し、2冊の写真集の先行販売を行うほか、圧巻の大型写真作品1点が展示・販売されます。会期中にはトークイベントも開催。詳しくはホームページをチェックしてみてくださいね。

EVEREST
場所:銀座 蔦屋書店/東京都中央区銀座6-10-1 SIX6階
期間:12/1(日)〜2020 1/5(日) 10:00~22:30
定休日:GINZA SIXに準ずる
入場料:無料
HP:https://store.tsite.jp/ginza/event/art/11034-1604251114.html

7都道府県をファッションで「着る47展」

ファッションをテーマに47都道府県の衣服、靴、かばん、アクセサリーなどを紹介する展示です。織り・染め・縫製など、その土地で長く受け継がれてきた伝統技術や産業をはじめ、革や竹などその土地ならではの素材を活かしたものづくり…と、さまざまな“その土地らしさ”が存在します。日本各地のものづくりの個性はもちろん、ファッションのこれからを感じることができますよ。展示品はその場で実際に購入したり、オーダーで申し込んだりすることが可能です。ぜひ足を運んでみてはいかがでしょう。

47都道府県をファッションで「着る47展」
場所:d47 MUSEUM/東京都渋谷区渋谷2-21-1 渋谷ヒカリエ8階
期間:12/6(金)〜2020 3/2(月) 11:00〜20:00 ※12/31は18:00まで、最終入場は閉館30分前まで
休館日:元日
入場料:無料
HP:http://www.hikarie8.com/d47museum/2019/11/47-49.shtml

スズキナツコ個展 suzuki n/a

展覧会タイトル「suzuki n/a」のn/aは、「Not applicable」(どちらでもない、あてはまらない)、(入手不可、利用不可)」などを意味するもの。「Not applicable」の単語頭文字と作家の名前の頭文字『NA』を掛けた個展名になっています。

ー「ない」ことは表れない
いないのではない
「ない」のスペースがある
その世界はあるー

大作を含む10数点の平面作品が展示される予定です。

スズキナツコ個展 suzuki n/a
場所:場所:SAN-AI GALLERY/東京都中央区日本橋馬喰町2-4-1 Bakurocactus 2F
期間:12/8(日)〜 12/14(土) 12:00〜18:30 ※最終日は17:00まで
定休日:水曜日
入場料:無料
HP:https://san-ai-gallery.com/upcoming/

たなか鮎子展「クリスマスマーケットのふしぎなよる」原画展

初めて訪れたクリスマスマーケット。そこでヨハンは、ツリーから落ちて困りはてた金色のお星さまに出会います。マーケットの番人であるくるみ割り人形といっしょに、ガラス細工の天使やジンジャークッキーなど、マーケットの仲間たちと協力して、お星さまを元のクリスマスツリーに戻そうとがんばるのですが、いじわるな北風が邪魔をして……。

著者のたなか鮎子さんがドイツで暮らした経験をもとに描いた、新作絵本の原画やオーナメントの展示です。実際に足を運んで、絵本の中の世界に迷い込んでみてはいかがでしょう。

たなか鮎子展「クリスマスマーケットのふしぎなよる」原画展
場所:MAYA2 (GALLERY HOUSE MAYA)/東京都港区北青山2-10-26
期間:12/2(月)〜12/7(土) 11:30〜19:00 ※最終日は17:00まで
定休日:会期中無休
入場料:無料
HP:https://www.gallery-h-maya.com/schedule/24663/

Cześć= Hello

ファッション誌や広告、カタログなどで幅広くスタイリング を手がけるスタイリスト山本マナさんによる10年ぶりとなる作品展。ポーランドを拠点に活動する写真家のLukasz Wierzbowskiさん、モデル・女優として活躍するモト ーラ世理奈さんとともに、「写真、スタイリング、モデル。それぞれの目線をひとつの感覚に集約した視覚表現ができないか」という考えのもと、2年の歳月をかけて撮影した写真が展示されるほか、本展のビジュアルをまとめた特別フォトブックも数量限定で販売。

Cześć= Hello
場所:表参道ROCKET/東京都渋谷区神宮前4-12-10 表参道ヒルズ同潤館3F
期間:12/6(金)〜12/11(水) 11:00〜21:00 ※最終日は18:00まで
定休日:会期中無休
入場料:無料
HP:https://omotesando-rocket.tumblr.com/

田中美穂植物店「植物の新しい飾り方」

京都市左京区に店を構える「田中美穂植物店」による展覧会。自然物と人工物を組み合わせた、田中美穂植物店による『新しい飾り方』をたのしむことができます。1月5日にはワークショップも開催予定。くわしくはホームページをチェックしてみてくださいね。

田中美穂植物店「植物の新しい飾り方」
場所:ホホホ座1階奥ギャラリー/京都府京都市左京区浄土寺馬場町71 ハイネストビル1階
期間:12/13(金)〜2020 1/5(日) 11:00〜20:00 ※12/31、1/2、1/3は11:00〜18:00
休館日:元日
入場料:無料
HP:http://hohohoza.com/news/4103

デザインあ展 in SHIGA

子どもたちのデザインマインドをはぐくむ番組、NHK Eテレ「デザインあ」。番組では、身のまわりに意識を向け(見る)、どのような問題があるかを探り出し(考える)、よりよい状況を生み出す(つくる)という一連の思考力と感性を「デザインマインド」ととらえ、斬新な映像表現を用いて伝えられてきました。本展はこの「デザインマインド」を、見て、体験できる展覧会です。子どもはもちろん、多くの大人にとっても「見る」「考える」「つくる」ことの豊かさを感じ取り、「あ!」という発見をたのしむことができるはず。

デザインあ展 in SHIGA
場所:佐川美術館/滋賀県守山市水保町北川2891
期間:12/14(土)〜2020 2/11(火・祝) 9:30〜17:00 ※最終入館は16:30まで
休館日:毎週月曜日(1/13、2/10は開館)、12/31、1/1、1/14
入場料:一般/1,000円、高大生/600円、団体/800円(一般)、400円(高大生) ※中学生以下は無料(要保護者同伴)
HP:http://www.sagawa-artmuseum.or.jp/plan/2019/04/post-95.html

不思議の国のアリス展

Lewis Carroll, The Wonderland postage stamp case. The Rosenbach, Philadelphia

イギリスの作家、ルイス・キャロルの名作 「不思議の国のアリス」は誕生から 約150年を迎えました。これまで170以上もの言語に翻訳され、初版から毎年途切れることなく出版され続けている世界的ベストセラーです。少女アリスが迷い込む不思議な世界とキャラクターは、今もなお、国や地域、年齢を問わず多くの人を魅了し続けています。本展では物語の原点や、現代に至るまでさまざまな分野に影響を与え続ける魅力が、日本初公開を含む貴重な作品とともに紹介されます。ぜひ足を運んで、「不思議の国のアリス」の不思議な魅力をおたのしみください。

不思議の国のアリス展
場所:福岡市美術館/福岡県福岡市中央区大濠公園1-6
期間:12/3(火)〜2020 1/19(日) 9:30〜17:30 ※最終入館は17:00まで
休館日:毎週月曜日、12/28〜1/4(ただし1/13は開館、1/14は休館)
入場料:当日/1,400円(一般)、1,000円(高大生)、600円(小中生) 前売・団体/1,200円(一般)、800円(高大生)、400円(小中生)
HP:http://www.alice2019-20.jp/