【編集部のひきだし】身も心もあたたまる「スープカップ」編

毎日たくさんの作品に触れている編集部スタッフの頭の中には、「いつか紹介したい」「自身で使ってみたい」、そんな作品や作家さんのリストをしまっている、自分だけの「ひきだし」があります。それぞれのひきだしの中から、とっておきの作品をこっそりご紹介する連載企画「編集部のひきだし」。今回は、寒い冬の朝に使いたい、見た目にもほっこりと心あたたまる「スープカップ編」をお届けします。

せんせい
見た目が先生っぽいことから「せんせい」と呼ばれるようになる。新作スイーツのチェックが日課のminneスタッフ。

寒さをいっそう厳しく感じる冬の朝は、スープを飲んで身体をあたためるのが日課です。今回はわたしがminneで見つけた、見た目にもほっこりとあたたかい気持ちになれる「スープカップ」をこっそりご紹介します。

めいポタさんの「スープカップ『白い壁』」

めいポタさんのスープカップ
カップ自体をおうちに見立てたという、かわいらしい作品。素朴なテイストの手描きイラストにキュンとしてしまいました。インテリアとしても空間にあたたかみをプラスしてくれそう。

作品を見る

itogapotteryさんの「きつねのスープカップ」

itogapotteryさんのきつねのスープカップ

洗練された印象のブルーグレー地に、きつねの親子が描かれています。表に親ぎつね、裏には愛らしい子ぎつねの姿が。みんなで一緒にホッとあたたまる、そんな気分を味わいながらたのしめそうです。

作品を見る

縁器屋さんの「水玉スープカップ」

縁器屋さんの水玉スープカップ

福岡県東峰村で制作された小石原焼のスープカップ。ポップな印象のドット柄も、やさしい色味とナチュラルな風合いで、食卓やインテリアにもすんなり馴染んでくれそうですね。

作品を見る

もりたうつわ製作所さんの「スープカップ(飴釉/縞)」

もりたうつわ製作所さんのスープカップ

信楽土をベースにオリジナルブレンドの土を使用して制作されたという一品。艶やかな飴色の釉薬と、丁寧に削られた縞模様が素敵。スープをより味わい深くいただけそうな気がします。

作品を見る

Nagomi-Potteryさんの「夜空絵 スープカップ」

Nagomi-Potteryさんの夜空絵のスープカップ

透き通るような青がうつくしいスープカップには、満天の星空と森の風景がぐるりと一面に広がっています。絵柄を眺めてスープをひと口飲んでは、また眺めてうっとりして。と、いいひとときを過ごせそう。

作品を見る
 
わたしのひきだしからご紹介してみました。みなさんの素敵な作品との出会いに役立ちますように。

次回もおたのしみに。