手軽にできる「ラッピング3アイデア」

たくさんの「贈りもの」が行き交う季節。手軽なのにおしゃれにきまるラッピングアイデアを3つご紹介します。受け取る側のよろこびも倍増すること間違いなしです。(シモジマ「STYLE WRAPPING vol.09 Wish upon a Star.」より)

レシピ提供・撮影:「日高麻由美」さん
東京生まれ。会社員を経て日本ディスプレイスクールにて店飾デザインを学んだ後、企画会社にてラッピングを中心に販売促進を担当。現在はフリーランスとして企業や商工会議所等でラッピング提案・指導を務める一方、書籍の執筆などを行う。暮らしの中でたのしむ、さまざまなアイディアラッピングを得意とする。

 

用意するものはこちら

・ペーパーリボン(クラフト紙をカットします)
※幅2cm×長さ45cmを2本、幅2cm×長さ8cmを1本

・ステープラー(ホチキスなど)
・クラフト紙
・ペン(またはスタンプ)
・両面テープ
・はさみ
・袋
・紙紐
・厚紙

1、【星形リボン】のつくり方

©︎style wrapping

左手でペーパーリボンの10cmくらいのところを持ち、手前にひとつ三角のループをつくります。

©︎style wrapping

左手の親指で三角を押さえたまま、上のリボンを右にひねり、もうひとつの三角のループをつくります。

©︎style wrapping

左手の親指で押さえている部分に重ねて、一緒に押さえます。

©︎style wrapping

「く」の字のかたちになります。

©︎style wrapping

同じように残りのリボンもひねって、5つの三角のループをつくり、五角形にします。

©︎style wrapping

中心の重なったところをステープラーでとめます。

©︎style wrapping

同じ五角形をもうひとつつくり、カットしたペーパーリボンで、小さめのループをひとつつくります。

©︎style wrapping

ふたつの星形を重ねて両面テープで貼り、そこにループを貼りつけたら、できあがり。

©︎style wrapping

ちなみに星に柄を入れる場合は、ペンで線を書いたり、スタンプを押すと良いですよ。線はフリーハンドのほうが雰囲気が出るのでおすすめです。

©︎style wrapping

できあがり。

2、【クラフト袋バッグ】のつくり方

©︎style wrapping

クラフト袋にお好みで文字を書きます。

©︎style wrapping

紙紐をお好みの長さにカットします。

©︎style wrapping

袋の上から2cmほどのところを2回折ります。

©︎style wrapping

折ったところに紙紐をはさみ、両端を持ち上げます。
※袋の口部分の中央をカーブさせてください。

©︎style wrapping

上の方で固結びをしたら、できあがり。
紙紐は長めにすればショルダーバッグに。2本にして持ち手の存在感を出しても素敵です。

3、【おしゃれタグ】のつくり方

タグデザインのテンプレート(PDF)をダウンロードします。
▽ダウンロードはこちらから
https://www.shimojima.co.jp/dcms_media/other/media_vol09_template.pdf

©︎style wrapping

お好みの大きさに拡大コピーし、輪郭をはさみで切ります。穴をあけて紐を通すなどしてお使いください。

©︎style wrapping

紙袋の持ち手に付けるだけで、素敵な印象に。

STYLE WRAPPING
今回ご紹介したレシピは、シモジマのウェブサイト「STYLE WRAPPING」で詳しくご覧になれます。シーズンに合わせたさまざまなラッピングテクニックが紹介されていますので、ぜひご覧ください。また、ラッピングにぴったりな資材がそろうシモジマのギャラリーページも合わせてチェックしてみてくださいね。
STYLE WRAPPINGを見る

※シモジマのサイトへリンクします

 

シモジマのギャラリーを見る