朝支度で仕込む「水出しレモンティー」

日に日に厳しくなる寒さに「入浴を決意するまでに時間がかかってしまう」「布団から這い出すのがやっと…」という方も多いのではないでしょうか。そんなときには、自分だけの「朝のおたのしみ」や「眠る前のおたのしみ」を用意する、というのも手かもしれません。近頃、わたしを上機嫌にさせてくれているのは、朝に仕込む「水出しレモンティー」です。

光浦醸造さんの「レモンティー」


昨年末、「年末年始の準備をがんばる編集部の慰労に」と取り寄せた甘酒。実は、購入する際「休暇中に、たのしもう」と自分用に「水出しレモンティー」もこっそり注文していました。内緒にしておくつもりでしたが、あまりにも気に入ってしまったものですから、せっかくなのでこちらもご紹介しておきます。
 

光浦醸造

レモンの茶葉とレモンの輪切り


早起きした休日の朝、さっそく開封してみました。

FLT水出しレモンティー


パックに入っているのは、ティーパックと輪切りの乾燥レモン。取り出すだけで、ほのかに香るレモンのいい匂い。茶葉は、奈良県の月ヶ瀬健康茶園さんが「アイスでもたのしめるように」と、こだわりを持って配合されたそう。

ピッチャーで「レモンティー」をつくる


普段から、紅茶やルイボスティを「水出し」でつくり、冷蔵庫に常備しているのですが、アイスの「レモンティー」をつくるのははじめて。ピッチャーに水を注いで、「とぽんっ」とティーパックを放り込むだけ。水500mlに対して1つ、が基本のつくり方のようです。


乾燥輪切りレモンは、水出しの際にいっしょに入れても、よりフルーティになっておいしい、とのことなので、あわせて「とぽんっ」。


ゆっくりと沈んでいくレモンの様子は、窓から差していた日も手伝ってか、とても幻想的でした(笑)。
 
冷蔵庫に閉じ込めて、3時間。いったいどうなったでしょう。

ちょっとした、わたしだけの「おたのしみ」に。


薄く、きれいなレモン色に色づいていました。


コップに注いでみると、爽やかに広がるレモンのいい香り。ひと口ふくむと、レモンのまろやかな酸味が舌に届いて、喉ごしはとってもすっきり。あたたかな部屋の中でたのしむ、冬の「アイスレモンティー」がこんなにおいしいとは。暖房で乾燥していたせいか、ごくごくと飲み干してしまいました。
 
もちろんホットでいただくのもおすすめ。シェアタイプなのでぜひマグカップではなく、ティーポットに入れて召し上がってみてください。輪切りのレモンを添えて飲むと、一層癒される「ホットレモンティー」になりました。


朝は、スッキリとアイスレモンティー。眠る前には、ホットレモンティー。ちょっとした「おたのしみ」があれば、日々もなんだかがんばれてしまうものだから不思議です。
 
ついに尽きてしまったので、そろそろ次を注文しなければと考えています。

FLT水出しレモンティー
アイスでもホットでもたのしむことができる、乾燥レモン付き紅茶です。
作品を見る

 
撮影・文 / 中前結花