【編集部のひきだし】春を待ちわびる「冬ネイル」編

毎日たくさんの作品に触れている編集部スタッフの頭の中には、「いつか紹介したい」「自身で使ってみたい」、そんな作品や作家さんのリストをしまっている、自分だけの「ひきだし」があります。そんなひきだしの中から、とっておきの作品をこっそりご紹介する連載企画「編集部のひきだし」。今回は、1月から3月ぐらいまでたのしむことができる、春を待ちわびるような冬デザインの「ネイルチップ」を集めてみました。

める
minneとお買いものが大好きなライター。息をするようにお金を使ってしまう。アイスコーヒーを飲まないと眠ってしまう。

年が明け、クリスマスやお正月など大きなイベントも過ぎ去ってしまったこともあり、近ごろネイルのデザインに迷っています。まだまだニットやコートと似合うものがいいけれど、ダークなものよりはちょっと春を待ちわびるような、すこし軽やかで華やかなものを選びたい。そんなわたしがストックしていたお気に入りの中から、いくつか素敵なデザインをご紹介します。

サロン3Rさんの「おでかけネイル」

サロン3Rさんのおでかけネイル

落ち着いたトーンのベージュ×花柄は、どこかあたたかみもあって、秋口や春を待つ冬の終わりにぴったり。女性らしさや、指先の所作の美しさまで演出してくれるようなデザインは、プロのネイリストである作家さんのこだわりです。

作品を見る

′olu′olu artさんの「ボタニカルフラワーネイル」

oluolu artさんのボタニカルフラワーネイル

ピンクの花や葉があしらわれたボタニカル柄とマットな仕上がりが、白や黒のニットとの相性も良さそうなデザインです。春カラーではないけれど、「すこし先の春がたのしみ」そんな印象が伝わってきます。

作品を見る

彩〜sai〜さんの「冬の和ネイル」

彩〜sai〜さんの冬の和ネイル

マーブル模様の親指と薬指。使われているのはダスティカラーですが、隣の赤みのあるカラーも手伝って、どこか華やかであたたかな印象です。散りばめられたシェルと銀箔が輝いて、和装で出かけるようなシーンにもぴったりです。

作品を見る

KIDN NAILさんの「グレーニット×シルバーフレーム」

KIDN NAILさんのグレーニット×シルバーフレーム

ニットがモチーフとなったデザインですが、1本ずつ使われているホワイトとラメのおかげで、どこか軽やかな印象。壁掛けの鏡のようなシルバーフレームとの組み合わせも好相性で、まさに「冬のおしゃれ」を思わせるネイルです。

作品を見る

senmatsuyaさんの「葉っぱネイル(くすみカラー)」

senmatsuyaさんの葉っぱネイル

中指にあしらわれているのは「葉っぱ」のモチーフ。モスグリーンやカーキなど秋を思わせるダスティカラーが中心ですが、金属のパーツ使いや黄味の強いマスタードカラーがちょっぴりポップで、コートからチラチラ覗くと、かわいいデザインになっています。

作品を見る

youkittanpu*さんの「ラベンダーとマーブルのネイル」

youkittanpu*さんのラベンダーとマーブルのネイル

「特別な日も、なんでもない日もきれいでいたい」というテーマで制作されている作家さんによる作品です。ラベンダーカラーとラベンダーの押し花が女性らしく、白いニットやコートと合わせたいデザインです。中指に用意された、花束も素敵。

作品を見る
 
わたしのひきだしからご紹介してみました。みなさんの素敵な作品との出会いに役立ちますように。

次回もおたのしみに。