【編集部のひきだし】ぬくもりを感じる「草木染めアイテム」編

毎日たくさんの作品に触れている編集部スタッフの頭の中には、「いつか紹介したい」「自身で使ってみたい」、そんな作品や作家さんのリストをしまっている、自分だけの「ひきだし」があります。そんなひきだしの中から、とっておきの作品をこっそりご紹介する連載企画「編集部のひきだし」。今回は、独特の風合いが魅力的な「草木染めアイテム編」をお届けします。

えってぃ
ベレー帽がトレードマークのminneスタッフ。休日は海の近くで過ごしています。

年齢を重ねるにつれて、ダークトーンでまとめることが多くなってきたコーディネート。そんなわたしが最近気になっているのが「草木染め」です。ピンクや紫など、普段は絶対に選ばないカラーでも、どこかやさしくあたたかみがあり「これなら身につけられるかも!」と思える魅力があります。今回は、わたしがminneで見つけた、自然の色のやさしさを感じる「草木染めアイテム」をご紹介します。

花ノ音さんの「小さなリースのブローチ」

花ノ音さんのリースのブローチ

草木染めした刺繍糸で制作されたリース型のブローチです。繊細な手仕事に思わずうっとりと見惚れてしまいそう。白いシャツの襟やニットの胸元…どこにつけようかと考えるだけでたのしい気持ちに。

作品を見る

nico-bgさんの「ダリアのピアス」

nico-bgさんのダリアのピアス

ラックダイで染められた鮮やかなピンク色が、顔まわりに華を添えてくれるピアス。かぎ針編みでつくられた繊細なモチーフは、横から見た姿も美しい。着物などの和服にもぴったりですね。

作品を見る

cauacさんの「袈裟パンツNEO」

cauacさんの袈裟パンツ

「袈裟」からインスピレーションを得て制作されたというユニークなサロペット。作家さん自身も、手放せない1着なのだそう。インに仕込むアイテムによってロングシーズン着用できるのがGOOD!

作品を見る

MAMEDORI LABOさんの「デイジーのピアス」

MAMEDORI LABOさんのデイジーのピアス

かわいらしいデザインと、やさしい色合いが見事にマッチ。アップヘアに合わせて、アクセント使いしたいアイテムです。イエロー・パープルグレー・ブルー…どれも違ったよさがあり、どの色にしようかと迷ってしまいますね。

作品を見る

atelierbeensさんの「ラベンダー染めリネンストール」

atelierbeensさんのラベンダー染めリネンストール

ラベンダーの花と茎を濃く煮出して染められた、淡いイエローにひと目惚れした作品です。ストールは1枚持っているととにかく便利。肩からかけたり首に巻いたりと、ファッションやシーンに応じてさまざまな使い方ができそうですね。

作品を見る

thawさんの「鹿革のふんわり名刺入れ」

thawさんの鹿革の名刺入れ

「ジビエレザー デザイナー」というちょっと変わった肩書きを持つ、thawさんの作品です。なめらかで、しっくりと手に馴染む鹿革が使用されています。洗練されたデザインなので、男女問わず使えそう。

作品を見る

cauacさんの「縞模様のウールストール」

cauacさんのウールストール

ログウッドを煮出して染められたネイビーとメタリックカラーの組み合わせが、大人な表情をかもしだすストール。いつものコーディネートにプラスするだけで、グッとおしゃれ度が増しそうです。

作品を見る

pommeflanさんの「白詰草のコサージュ」

pommeflanさんの白詰草のコサージュ

真っ白な布をカットするところからすべて手作業で制作された、布花のコサージュです。動きに合わせて繊細なレースがひらひらと揺れ、女性らしさをプラスしてくれそう。今の季節は、ニットやコートの胸元に合わせたいですね。

作品を見る
 
わたしのひきだしからご紹介してみました。みなさんの素敵な作品との出会いに役立ちますように。

次回もおたのしみに。