minneスタッフの「かばんの中身」見せてもらいました。

各々の“らしさ”がギュッと凝縮されている、かばんの中身を大公開。第23回目はminne LABのスタッフ・かおるです。

かばんの中には…

どんなコーディネートにもフィットする、YAHKIのバッグ。小ぶりながらも、こんなにもたくさんの荷物が入っています。購入するアイテムはどれも「ひと目惚れ」をすることが多いので、柄ものだったり、動物モチーフだったり、ちょっぴり個性的なアイテムがずらり。どうやら洋服はシンプルなもの多い分、小物には、ちょっとしたインパクトを求めてしまうようです(笑)。

【かばんの中身】
・マルシェバック
うさぎのポーチ
・スケジュール帳
・ビーズ刺繍のポーチ
・財布
・グロス
キーホルダー
カードケース
ハンカチ

目にした瞬間、ビビッときたアイテムばかり

毎日持ち歩いています

マルシェバックはイラストレーターのてらおかなつみさんの作品。買いものなどで荷物が増えてしまったときにサッと取り出せるよう、いつも持ち歩いています。かわいいわんちゃんのイラストですが色使いがとてもシンプルなので、コーディネートの邪魔になりません。
COACHの財布は、母からの就職祝い。同じタイミングで社会人になった姉とおそろいなので、目にするたびに「よし!がんばろう」と、背すじが伸びる思いになります。ビーズ刺繡のポーチも大切な友人と色違い。どれも思い入れのあるアイテムばかりです。

目が合うたびにキュンキュン

こちらは、かばんの中に必ず入っているキュートな2匹。どちらもふわふわな見た目と、キュートな目にひと目惚れ。ICカードを入れていたり、家やアトリエなどのカギを付けたりしています。毎日使うものなので、目が合うたびにこちらまでにっこりしてしまうようなアイテムを選びました。「ここがかわいい!」とついつい自慢したくなるような作品たちなので、ついつい見せびらかしてしまうんです(笑)

・「FLUFFY MASK」さんのうさぎのティッシュケース付きポーチ
・「くるみこっぺべいかりー」さんのぷちパン キーホルダー

かばんの中でもすぐに見つかる!

ふんわりカラーを好んで選ぶわたしが持っている、数少ない“パキッ”と鮮やかなカラーのアイテムたち。左側は、わたしが2020年の相棒に選んだ「スケジュール帳」。愛媛出身なので、みかんの柄に運命的なものを感じて購入しました。右側は、テキスタイルデザイナーとして活動しているmiyaco hyperさんによって制作されたハンカチです。縁に沿ってぐるりとお花が並んでいるので、折りたたみ方によって柄が違って見えるところがお気に入り。お弁当包みとしてはもちろん、バッグの持ち手につけたりとスカーフ代わりに使うこともしばしば。

・「miyaco hyper」さんの大判の貼り絵ハンカチ

ふんわり素材がうれしい

もともと名刺を入れる予定で購入したのですが、想像以上にふわふわとした触り心地だったのでアクセサリーを入れるのにぴったりでした。耳もとですずらんが咲いているように見えるイヤリングは、会社の先輩からのプレゼント。繊細ながらも存在感があるので、コーディネートのアクセントになります。美しいルビー色に惹かれたリングは、マニキュアとのコーディネートをたのしみながらつけています。

・「lemon iro」さんの流れ星のカードケース
・「whip-yun」さんの鈴蘭の片耳ピアス
・「mii」さんのvintage swarovskiリング

次回もおたのしみに。