2人の愛を固く結ぶ「バレンタインのラッピング」

もうすぐバレンタイン。固く結ばれた2人の愛にかけて、シンプルな固結びをご紹介します。艶やかなサテンリボンとラメモールのイニシャル飾りをプラスして、上品かつ個性的なラッピングに仕上げましょう。(シモジマ「STYLE WRAPPING vol.05Love,love,love.」)

レシピ提供・撮影:「日高麻由美」さん
東京生まれ。会社員を経て日本ディスプレイスクールにて店飾デザインを学んだ後、企画会社にてラッピングを中心に販売促進を担当。現在はフリーランスとして企業や商工会議所等でラッピング提案・指導を務める一方、書籍の執筆などを行う。暮らしの中でたのしむ、さまざまなアイディアラッピングを得意とする。

 

用意するものはこちら

・ラッピングしたい箱
・サテンリボン
・ラメモール
・はさみ
・ラジオペンチ

固結びのやり方

©︎style wrapping

サテンリボンの艶のある面を面にし、箱の横にリボンを一周かけます。

©︎style wrapping

さらにもう一周かけます。

©︎style wrapping

中心で交差します。

©︎style wrapping

箱の後ろにリボンを回します。

©︎style wrapping

箱の手前に持ってきます。

©︎style wrapping

手前に持ってきたリボンを中心でくぐらせます。リボンは裏になりますが、そのまま結びます。

©︎style wrapping

固結びをします。

©︎style wrapping

リボン先をはさみで斜めにカットします。2重にかけたリボンを整えたらできあがり。

イニシャルをポイントに

©︎style wrapping

ラメモールでイニシャルをつくり、ラッピングのワンポイントにしましょう。

©︎style wrapping

モールは1本をベースに、細いモールの場合は2本をよって太くし使います。

©︎style wrapping

イニシャルはテンプレートを拡大コピーし、上からなぞっていくとつくりやすいです。

©︎style wrapping

曲げたりカットするときはラジオペンチを使うと良いでしょう。

©︎style wrapping

完成したら細い紐などで、リボンの中心に結びつけてアレンジしましょう。

©︎style wrapping

テンプレートはお好みの大きさに拡大コピーなどをし、お使いください。

PDFのダウンロードはこちら

©︎style wrapping

イニシャルのほか、「Love」などの単語をつくり、ギフトバックのチャームとして使うのもおすすめです。

©︎style wrapping

カードなどに貼る場合は、モール文字の裏に5〜10㎜間隔でボンドを付け、本などで重石をします。10分ほどしたらできあがり。

©︎style wrapping

上品かつ個性のあるラッピングに仕上げたら、自信を持って当日、自分の想いを伝えたいですね。みなさんのバレンタインが素敵な特別な1日になりますように。

STYLE WRAPPING
今回ご紹介したレシピは、シモジマのウェブサイト「STYLE WRAPPING」で詳しくご覧になれます。シーズンに合わせたさまざまなラッピングテクニックが紹介されていますので、ぜひご覧ください。また、ラッピングにぴったりな資材がそろうシモジマのギャラリーページも合わせてチェックしてみてくださいね。
STYLE WRAPPINGを見る

※シモジマのサイトへリンクします

 

シモジマのギャラリーを見る