【編集部のひきだし】花言葉は「平和」「希望」。可憐な“デイジー”モチーフ編

毎日たくさんの作品に触れている編集部スタッフの頭の中には、「いつか紹介したい」「自身で使ってみたい」、そんな作品や作家さんのリストをしまっている、自分だけの「ひきだし」があります。そんなひきだしの中から、とっておきの作品をこっそりご紹介する連載企画「編集部のひきだし」。今回は、「平和」「希望」を花言葉にもつ「デイジー」をモチーフにした作品を集めてみました。

める
minneとお買いものが大好きなライター。息をするようにお金を使ってしまう。アイスコーヒーを飲まないと眠ってしまう。

早春の花「デイジー」は、まさに3月〜5月のこのシーズンが見頃。白やピンクに咲き乱れる様子には、思わずほっこりとしてしまう愛らしさがあります。花言葉は、「平和」「希望」。気持ちが沈んでしまうような話題の多い春のはじまりとなりましたが、落ち着いた暮らしを願って、デイジーをモチーフにしたアイテムをご紹介します。

kanaeccoさんの「デイジーの刺繍ブローチ」

kanaeccoさんのデイジーの刺繍ブローチ

手刺繍で表現された、可憐な白色のデイジー。刺繍糸の風合いがそのまま活かされた素朴なデザインが、胸もとをさりげなく彩ってくれそうです。丸型のブローチは、いくつか組み合わせて身につけてもかわいいので、ついつい集めてしまいます。

作品を見る

shii-ffonさんの「デイジーのちいさな花束」

shii-ffonさんのデイジーのピアス

パッと耳もとが明るくなるような、デイジーをあしらったピアスです。春先はもちろん、ブラックとマスタードカラーの組み合わせは、夏のファッションにも好相性。爽やかさにプラスされた、黒のチュールがスパイスになっています。

作品を見る

アトリエ咲季さんの「ドライフラワーのリース」

アトリエ咲季さんのドライフラワーのリース

バラや紫陽花、デイジー、かすみ草など、たっぷりのドライフラワーがぎゅっと集まったリースです。飾れば、お部屋はフェミニンで明るい雰囲気に。ギフトやウェディングのシーンにも活躍してくれそうな華やかさが魅力です。

作品を見る

Nassun (ナッスン)さんの「陶器ブローチ デイジー」

Nassun (ナッスン)さんの陶器ブローチ

素朴でやさしい陶器のブローチ。手間と時間をじっくりかけて焼き上げることで、独特の風合いが表現されています。金釉を使った花序の部分が宝石のようなアクセントに。大きめの襟につけてみても素敵なデザインです。

作品を見る

ateliermozuさんの「デイジーのネックレス」

ateliermozuさんのデイジーのネックレス

シルバーと真鍮を組み合わせた繊細ながらシンプルなデザインが、どんなファッションにも馴染んでくれます。花びらの1枚1枚までが見事に表現されており、正面はもちろん、横から眺めても、可憐で美しいデイジーが胸もとに咲きます。

作品を見る

今井有美さんの「デイジーのミニカード」

今井有美さんの「デイジーのミニカード

贈りものに添えたい、さわやかなカラーのミニカードです。春の風に揺れるデイジーの様子に、ぽかぽかと心が温まるよう。やさしい言葉を贈りたくなります。罫線の上に止まった、小鳥もかわいい。

作品を見る

pyöreäさんの「デイジーのブローチ」

pyöreäさんのデイジーのブローチ

陶土にアクリル絵の具を重ねた、素朴なサークル型のブローチです。リースにも花かんむりにも見えるデザインは、子どもから大人まで使えるような、さりげないキュートさ。春の胸もとにぜひ飾ってみてください。

作品を見る
 
わたしのひきだしからご紹介してみました。みなさんの素敵な作品との出会いに役立ちますように。

次回もおたのしみに。