“名入れ”ツールで、作業机に「わたしらしさ」をプラス

【PR】名前や記念日を金属に刻印することができるニューヨーク生まれのメタルスタンピングツールを使い、作業机を素敵にアレンジするのはいかがでしょうか。今回ご協力いただいたのは、以前にも同じツールでアクセサリーを制作してくれたタッセル作家・tassel de sicaさん。使い慣れたその様子と、洗練されたさすがのセンスに脱帽です。

自宅で使える「刻印ツール」


チャームやプレートなど金属製の素材に刻印をほどこすクラフト技法「メタルスタンピング」。自宅で簡単に名入れができるとあって、「ImpressArt」というニューヨーク生まれの道具が、今話題になっています。
実は、アクセサリーやギフト作品の制作はもちろん、身のまわりの小物のちょっとアレンジにもこのツールが活躍してくれると聞いて、作家さんのアトリエにお邪魔してきました。

ImpressArt公式サイト

名入れがほどこされた、タッセル付きのバングルはとっても爽やか。

お邪魔するのは、以前にも、このメタルスタンピングを使って、春〜夏にぴったりのアクセサリーを制作してくれたtassel de sicaさんのアトリエです。

前回ご紹介した記事でも大きな反響があり、以降も、チャームやバングル用のプレートと組み合わせてこのツールを使用し、素敵な作品を手がけられています。

tassel de sica

https://minne.com/@tasseldesica

そんなtassel de sicaさんの作業机は、いったいどんなふうに変わったのでしょうか。そわそわと、うれしい気持ちでご自宅を訪ねました。

陽当たりのいいアトリエで

tassel de sicaさんのご自宅。

実はtassel de sicaさんのご自宅にお邪魔するのは、これが3度目。
 

前回の取材と、一昨年に1度、外部のメディアさんの取材にも同行させていただきましたね。何度もすみません。毎度、おうかがいする度に作業机が素敵になっていて。
tassel de sica
いえいえ、お越しいただくタイミングで頑張って片付けているだけなんですが、今回はメタルスタンプを使って作業場まわりをいろいろと工夫してみました。


作品同様、ちょっとシックなのにあたたかい。そんな陽当たりのいい素敵なお部屋の一角が、また一段と「作品づくり」のために整えられていました。


順にひとつずつ見せていただくことに。

ボトルにネームタグを

あ、このボトルの首に付いているタグが、チャームになっているんですね。
tassel de sica
そうなんです。それぞれ番号を振って小さなパーツを分けるようにしてみました。見栄えのかわいさがいちばんではありますが(笑)。

丸いボトルに丸いタグで、とっても素敵ですね。
tassel de sica
チャームのプレートに刻印して、紐を通しているだけなんですが、やっぱり雰囲気が出ますよね。

point 1
「ブランク」と呼ばれるパーツは、その形やサイズのラインナップも豊富。数字、英語、記号はもちろん、フォントを選ぶことができるのもうれしいポイントです。

point 2
スタンプを持っている左手でしっかり抑えながらハンマーで打ち込みます。上下にずれないように、また等間隔に文字を配置しやすいように、目盛りが付いたシール「スタンプガイド」を使用すると、よりきれいに仕上がります。

パーツの分類のしやすさはもちろん、こんなにかわいいボトルが並んでいたら、作業中も気分が高まりそうです。

チャーム付きクリップで束ねる

市販のカラフルな木製クリップにもチャームを。ひとつひとつにブランド名が刻まれています。

メモを止めたり、必要な書類を束ねたり。クリアファイルの端を止めたりするのもきっとかわいいでしょうね。
tassel de sica
それもいいアイデアですね。チャームタグをくっ付けているだけですが、いろんな使い道がありそうです。

マグネットや、さりげないあしらいに



大事なメモは、見えるところに。カラフルなリボンを通して、マグネットをつければ、こんなに素敵なボードが完成します。
 

これも、おもしろいアイデアですね。コインみたいでとってもかわいいです。
tassel de sica
無造作に貼り付けておくだけでも、ちょっとサマになりますね。
point 3
アクセサリー用のチャームには穴が空いてるので、チェーンやリボンを通すことも簡単。いろんなバリエーションのものづくりが叶います。


ペンチや使いかけの糸を並べているツールトレイにも、さりげなく、刻印したタグは貼り付けられていました。ウッディなボックスとも好相性。

整理ボックスにひと工夫

さらに驚かされたのは、棚の引き出しとして使われている紙製のボックスとの組み合わせ方です。
 

シルバーのタグと白いボックスの相性も素敵ですね。
tassel de sica
中身が見えにくいボックスだったので、ラベルとして使用するアイデアはなかなか気に入っています。

さらには、ペンダントトップなどとして使用する「ワッシャー」のパーツに名入れをほどこし、数字を振って、並べるという素敵なアイデアも。
 

これも、すごくおもしろいですね。予想外の使い方ですが、とてもマッチしていますね。このブックボックスはどんなふうに整理されているんですか?
tassel de sica
色の見本帳が入っているものや、掲載いただいた書籍、参考雑誌やノートなどをそれぞれ整理しているので、それを順番に刻印して並べてみるという提案ですね。
point 4
ワッシャーにも、いくつものサイズ・素材があるので、用途に合わせてお選びいただくことができます。


それぞれにラベル付けを行なっていますが、素材ともマッチした金属チャームなので、悪目立ちせず、洗練された印象に。机全体がとても整って見えます。

アート作品のように、ブローチを飾る

そして、そんな作業机で作品づくりを。新作として近頃販売を開始された、「ロゼットモチーフシリーズ」の最後の仕上げを見せていただくことに。

そして、tassel de sicaさんは、何やら真鍮のタグに刻印をほどこされました。

tassel de sica
ブローチをこんなふうに飾ってみるのはどうでしょうか?

わ、これは素敵ですね!そのまま額にして壁に飾りたいです。とってもかわいい。
tassel de sica
ちょっと並べたくなりますよね。

ブローチスタンドとしてもいいですし、イベントやショップでこんなふうに飾られていたら、とっても素敵ですね。
tassel de sica
ディスプレイの什器としてもいいかもしれませんね。

ビジューを使ったアクセサリー

さらに、今回は新しく「ImpressArt」に仲間入りした「クリスタルセッターキット」というツールも使用していただきました。

専用のスタンプで、金属に凹部分をつくります。

そこに、小さなビジューをはめ込んでいきます。

point 5
カラフルなビジューとセットになっているので、ぜひいろんなカラーで試してみてください。

そして、完成したチャームに華やかなブルーのタッセルを丸カンで取り付けます。

ビジューをはめるのは、かなり細やかな作業でしたね。
tassel de sica
ピンセットの指先がちょっと震えちゃいましたね(笑)。

組み合わせると、これからの季節にぴったりな涼しげなタッセルピアスが完成しました。耳もとでゆらゆらと揺れる度、なんだか心が弾みそうです。

point 6
そのほか、ステンレスにも刻印可能なレタースタンプなど新たなアイテムが加わり、ラインナップも一層充実しているので、ぜひサイトで確認してみてください。

お気に入りの場所で作品づくりを

心地の良い空間でものづくりに没頭できる時間は、まさに至福のときです。

自宅で手軽にできる「メタルスタンピング」で、ツールや作業スペースにひと工夫。自分だけの素敵なアイデアが詰まった作業スペースで、あなただけのものづくりをぜひたのしんでください。

tassel de sicaさん、ありがとうございました。

ImpressArt「メタルスタンピング」
金属にほどこすことができる、個人向け刻印ツール。専用ハンマーのほか、専用スタンプ、金属チャームの種類も豊富なので、ぜひサイトをご覧ください。
ImpressArt公式サイト

取材・文 / 中前結花 撮影 / 真田英幸