耳もとで揺れる「桜の花びらピアス」

春風に吹かれてゆらゆらと耳もとで揺れる、桜のピアスをつくりましょう。レジン専用の着色剤「宝石の雫」のパールカラーならではの透明感のあるやさしいピンク色は、春コーディネートの差し色にもぴったりですよ。

レシピ提供・撮影:PADICO
UV-LED レジン「星の雫」や樹脂粘土「モデナ」など、作り手から愛される数々の手芸素材で知られるブランド。PADICOのウェブサイト内「Recipes」ではさまざまな作品レシピを公開中。
https://www.padico.co.jp/recipes/

 
用意するものはこちら

・UV-LED レジン星の雫(ハードタイプ)
・宝石の雫(パールピンクベージュ、偏光パールピンク)
・ソフトモールド(フラワー)
・クランクヒートン
・UV-LED ライト
・調色スティック
・調色パレット
・ピアス金具、またはイヤリング金具
・チェーン
・丸カン、Cカン
・平ヤットコ

桜の花びらをつくる

調色パレットに「UV-LED レジン星の雫」を入れ、「宝石の雫(パールピンクベージュ)」を入れて、調色スティックでよく混ぜます。

モールドの桜の花びら部分に、混ぜたレジンを入れます。

ピアスのパーツにつなげるためのクランクヒートンを入れます。

UV-LED ライトで1分照射します。

人肌まで冷めたら型から抜きます。同じ色の花びらをもう1個つくります。

異なる色味の花びらをつくる

調色パレットにレジンを入れ、「宝石の雫(偏光パールピンク)」を入れて、調色スティックでよく混ぜます。

先ほどと同様の手順で、今度は偏光パールピンクの花びらを2個つくります。

花びらのモールドに、パールピンクベージュと偏光パールピンクの着色レジン2色を半分ずつ入れてグラデーションにし、クランクヒートンを入れます。

UV-LED ライトで1分照射し、人肌まで冷めたら型から抜きます。同じグラデーションの花びらをもう1個つくります。

ピアスをつくる

平ヤットコを使い、長さ3cm のチェーンに、Cカンで3色の花びらを付けます。

丸カンでさらにピアス金具を付けたら、できあがり。

春にぴったりな、グラデーションが美しい桜の花びらピアス。ぜひみなさんもチャレンジしてみてください。
 
レジンやソフトモールドなど材料の詳細については、PADICOウェブサイトをご覧ください。

PADICOの製品情報はこちら