【気になるものづくり】新刊「みんなのアマビエ」

作り手の想いが詰まった新商品や、これまでになかったものづくりを見つけてご紹介する「気になるものづくり」。今回取り上げるのは、「疫病退散」の象徴として、いまSNSを中心に話題になっている伝説の妖怪「アマビエ」。漫画家やクリエイターたちが、そんな「アマビエ」をモチーフに制作した作品を一冊にまとめた本『みんなのをアマビエ』(扶桑社)をご紹介します。

140年の時を経てよみがえる「アマビエ」

先の見えない不安な状況が続く中、SNSを中心に日に日に目にする機会が増えていく、不思議な妖怪「アマビエ」。

(京都大学附属図書館所蔵)

江戸時代、弘化3年(1846年)の瓦版に描き残された妖怪として知られており、その姿は、長髪に尖ったくちばし、体にウロコ、3つに割れたヒレを持つ、半人半魚。肥後の海に出現し、
「わたしは海中に住むアマビエと申すもの。今から6年間は諸国で豊作が続くが、病も流行する。早々にわたしの姿を写して人々に見せよ」
と予言を口にし、そのまま海に消えたと記されています。

そんな「アマビエ」をモチーフに、現在、たくさんのクリエイターが「疫病退散の象徴・お守りに」とイラストや造形物として作品を制作し、SNSでシェアするという動きが注目を集めているのです。

次々と形になった「みんなのアマビエ」

そうして今回、人気漫画家や「#みんなのアマビエ」のハッシュタグをつけて投稿された全国の作り手たち総勢87名の、「アマビエ作品」を一冊にまとめた、その名も『みんなのアマビエ』が5月19日、扶桑社から発売されることとなりました。
外出自粛でお疲れの方やお子さんにもおすすめの一冊です。

登場するのは、水木しげる、西原理恵子、おかざき真里、松田洋子、永野のりこ、寺田克也、田中圭一、なかはら・ももた(敬省略)といった豪華8名の漫画家が描く個性あふれるアマビエたち。

そして、「#みんなのアマビエ」のハッシュタグで集まった作品の数々は、彫刻、陶芸、ガラス、織物、あみぐるみ…と、使われている素材やその表情もまったく異なる、それぞれのクリエイターにしかつくることができない「アマビエ」たちです。
作品の選定・編集に携わられた扶桑社・編集部の大久保さんは「Twitterで募集を開始した初日から100件を超える投稿がありました。たくさんの作品を毎日のように眺めているだけで、心が癒される思いでした」とのこと。

今回は、そんな中から、minneでも活躍されているおふたりの作品をご紹介したいと思います。

さとうゆうきさんの作品

赤と黒のコントラストが美しい七宝焼きの「アマビエ」は、さとうゆうきさんの持つ、不思議で魅惑的な作風が、アマビエの存在と見事にマッチしているユニークな作品です。

さとうゆうきさん
透明や半透明の七宝釉薬を何度も重ね、海から現れたとされる「アマビエ」の透明感や不思議なきらめきを表現してみました。最後に水滴をイメージしたガラスビーズを表面に乗せるなど、小さいながらも七宝ならではの素材感にこだわっています。

さとうゆうきさん
この本を通して、アマビエが伝えたとされる「わたしの姿を描いた絵を人々に見せよ」という言葉を実現することができるのは、とてもうれしいことです。「七宝焼き」は、丁寧に扱えば、いつまでも色あせることなく愛用することができるもの。この作品が、お守りになること、そして、世代を超えて生活に寄り添うものになることを願っています。
【さとうゆうき】さんの作品一覧

工房atariさんの作品

手のひらで、あたたかにやさしく灯る、工房atariさんの作品。神秘的なアマビエを、光で巧みに表現されています。

工房atariさん
海中から「光りながら現れた」とされるアマビエ。全身から光を放っている様子を再現するために、石粉粘土の薄さにはとてもこだわりました。目や鱗は、細く線を彫ることで、「光の線」として浮かび上がるようにしています。

工房atariさん
1日でも早く、事態が終息することを願いながら制作しました。ゆらゆらと光るアマビエの姿に、すこしでも安らぎや希望を感じてもらうことができればうれしいです。「癒しの光」が届きますように。
【工房atariさん】さんの作品一覧

それぞれに込められる「疫病退散」の願い

どうか、終息と平穏を。それぞれの素材、それぞれの表現で制作された87の作品たちに、同じ願いと祈りが込められています。

本書の売上げの一部は、新型コロナウイルス対策基金に寄付されるとのこと。ものづくりの魅力と力がぎゅっと詰まった、「今」を映し出す貴重な一冊になっています。

「みんなのアマビエ」
2020年5月19日発売
定価1000円+税
四六判オールカラー96P
電子版も同時発売
購入はこちらから