紙飛行機を添えて「父の日のラッピング」

6月の第3日曜日は「父の日」。男性向けの贈りものにぴったりな、紙飛行機を使った大人ユニークなラッピングテクニックをご紹介します。(シモジマ 「STYLE WRAPPING vol.11」)

レシピ提供・撮影:「日高麻由美」さん
東京生まれ。会社員を経て日本ディスプレイスクールにて店飾デザインを学んだ後、企画会社にてラッピングを中心に販売促進を担当。現在はフリーランスとして企業や商工会議所等でラッピング提案・指導を務める一方、書籍の執筆などを行う。暮らしの中でたのしむ、さまざまなアイディアラッピングを得意とする。

 

用意するものはこちら

・お好みのペーパー
※箱の胴回り+3~4㎝のもの
・カッター
・テープ
・リーガルパッド(または折り紙)
・お好みのリボン
・クリップ
・紙ひも

紙飛行機のラッピング

箱の胴回り+3~4cmのペーパーを用意します。箱の縦方向はすこし余裕をとっておきましょう。

箱の縦方向に、つくりたい深さのポケット分を折ります。

ポケットの高さを決めたら、上下に箱の厚み分2/3ずつを残して折ります。

折った上下のペーパーをカットします。

右側のペーパーの端を1〜2cmほど折ります。こうすることで、包装したときに紙の断面が見えず美しく仕上がります。

箱の表面を下にして置き、箱の中心にペーパーを合わせ、位置を決めます。

左側のペーパーを先にかけ、次に右側が上にくるように重ねてテープでとめます。


上部→両側→下側の順に折り込み、テープでとめます。

表に返し、リボンを回しかけ、裏側でとめます。

紙飛行機をポケットに差し入れたら、できあがり。

紙飛行機にはメッセージやイラストを描くのも素敵ですね。

紙飛行機の折り方

紙飛行機の折り方はいろいろな種類がありますが、今回ご紹介する折り方はリーガルパッド(メモを取る紙)などで簡単につくれます。折り紙でつくる場合は1/3ほどカットして長方形にしてからつくりましょう。


手順は画像を参考にしてください。上段から右へ進めていきます。

手順を動画で見る
※株式会社シモジマの公式YouTubeチャンネルに飛びます

紙袋の持ち手にも

紙飛行機はシンプルなクラフトバッグのワンポイントにもおすすめです。取り付け方をご紹介します。

紙飛行機の裏にクリップを挟みます。

クリップに紙ひもを通します。

バッグの持ち手に結べば完成です。

2020年の「父の日」は6月21日(日)。今年はぜひ、紙飛行機にメッセージを乗せたユニークなラッピングで贈りものを彩ってみてはいかがでしょうか。
 

STYLE WRAPPING
シモジマのウェブサイト「STYLE WRAPPING」でシーズンに合わせたさまざまなラッピングテクニックが紹介されていますので、ぜひご覧ください。また、ラッピングにぴったりな資材がそろうシモジマのギャラリーページも合わせてチェックしてみてくださいね。
STYLE WRAPPINGを見る

※シモジマのサイトへリンクします

 

シモジマのギャラリーを見る