【竹尾連載】 紙のはなし第2回:「マーメイド」

300銘柄9,000種類もの紙を扱う、紙の専門商社・株式会社竹尾さんに、毎月ひとつ素敵な紙をご紹介いただく連載。第2回目は、カラーバリエーションが豊富な「マーメイド」です。

語り手は、株式会社竹尾・企画部の相田さんです。

約300銘柄・9000種類ある魅力的な紙の中から、今回は「マーメイド」をご紹介します。

さざ波の風合い

「マーメイド」は、さざ波のような穏やかな風合いを持つファインペーパーです。もしかすると、見たことがある、という方も多いのではないでしょうか。

1956年の発売以来、工作や画材の素材として学校などでも使われているほか、書籍の装丁、カード、パッケージなど、身近なところで広く親しまれています。

この、紙表面のゆるやかな凹凸が「マーメイド」のいちばんの特長です。
これは、“フェルトマーク”と呼ばれる製法によるもの。

竹尾HP:紙の製造工程(プレス)より

紙は、水分をたっぷり含むどろどろの状態から、網の上で均一に伸ばして、徐々に水分を落とし、乾かしてつくるのですが、「マーメイド」は水分を落とすプレスの際に、特殊なフェルト(毛布)を用います。

紙の表面にフェルトの織り模様が転写されることで、波のような穏やかな紙の表情が生まれるんです。

発売当初は「マーメイド・リップル」――人魚の棲む海のさざ波――と呼ばれ、1960年代に現在の「マーメイド」として定着しました。

心おどるカラーラインナップ


「マーメイド」のカラーバリエーションは、2019年に新色が加わり現在、全60色。ペタルピンクやミントなどの透明感のある色から、インディゴ、ショコラ、ダークサファリなどの濃色、ネオ・フラミンゴなどの蛍光色など、とても多彩なラインナップとなっています。

色の組み合わせによってさまざまなイメージをたのしめるのも、新しくなったマーメイドの魅力。「イノセント」「オーガニック」「ジャパネスク」「ポップ」「フォーマル」「クラシカル」の6つのテーマで構成された60色をご覧ください。

「イノセント」

柔らかいペールトーンが特徴です。

「オーガニック」

ニュアンスカラーやクールな色味が集合。

「ジャパネスク」

素敵な和名を持つ色味がずらり。

「ポップ」

パッと目を惹くカラフルなラインナップです。

「フォーマル」

どこか品のあるカラーバリエーション。

「クラシカル」

シックで落ち着いたトーンになっています。

色数豊かな「マーメイド」。使うシーンや好みにぴったりと合うカラーがきっと見つかるはずです。

厚さは3種類から

「マーメイド」は全ての色を、3種類の厚さ(四六判Y目 110kg、153kg、240kg)から選ぶことができます。

封筒を110kgで、カードを153kgで、などと好みの厚さでつくることもできますし、

異なるアイテムを「マーメイド」でそろえると、統一感が出て素敵だと思います。

また、白系の5色はより使っていただきやすいように、9種の厚さがありますので、用途に合わせてお選びくださいね。

さいごに

いかがでしたか。紙の表面にうっすら現れる陰影が、上品な素材感を生む「マーメイド」。
色の魅力もたっぷりです。竹尾の淀屋橋見本帖ではそんな「マーメイド」にフォーカスした展示を開催中。福岡見本帖でも予定していますので、お近くの方はぜひ足を運んでみてくださいね。

「Mermaid Wave」巡回展

現代的で豊かな色と、組箱などにも使用できる新しい厚さが加わり、一層広がった魅力をご紹介するために、関本明子氏のディレクションによる「Mermaid Wave」展を開催します。「マーメイド」が起こす新しいさざ波に、ぜひ触れてください。

淀屋橋見本帖
2020年7月22日(水)〜8月26日(水)
会期中無休 
〒541-0042 大阪府大阪市中央区今橋4-1-1 淀屋橋odona1F
福岡見本帖
2020年9月7日(月)〜10月30日(金)
土日祝/休 
〒812-0042 福岡県福岡市博多区豊1-9-20(福岡支店内)

主催:株式会社竹尾
アートディレクション:関本明子
協力:特種東海製紙株式会社、大洋印刷株式会社
展示の詳細はこちら

それでは、次回もおたのしみに。

竹尾ウェブサイトで「マーメイド」を見る
 

編集 / 西巻香織 撮影 / 真田英幸