Lightroomで思いのままに。「手触り」や「質感」まで、魅せる。こだわる。

【PR】作品の魅力を最大限に伝えるため、磨きたいのは撮影技術や加工技術。しかし、そんなクリエイターの強い味方になってくれるスマホアプリ「Adobe Photoshop Lightroom」は、手軽な“編集”で、あっと驚くほど、実物そのものの魅力を引き出し、より際立たせる新しい表現を可能にしてくれます。実際に作家・marimachoさんの編集をご覧ください。

作品の魅力を「そのまま」届けたい

ファインダーを覗くと、目で見るよりもずいぶんと暗く見えたり、スマホを構えると、鮮やかさが失われ、まるで違った色に見えたり。
「写真」は、サイトやSNSを巡る作品の魅力の語りべとして、とても重要な役割を任されていますが、その仕上がりに悩みを持っているクリエイターは多いようです。

このメディア『minneとものづくりと』のカメラマンは、カメラからデータをパソコンに読み込んで「Adobe Photoshop Lightroom」(以下、Lightroom)を利用して編集していますが、このLightroomは無料で使うことができるスマホアプリもあるそう。

撮影や編集に明るくないユーザーでも手軽に取り入れることができ、リアルな色味や質感を引き出すことができると聞いて、作家さんと一緒に試してみることにしました。

アプリをダウンロード

「木のぬくもり」まで伝わるように

ご協力いただいたのは、木材から形を切り出し、加工してアクセサリーを生み出す人気作家・marimachoさん。
フルーツや植物など、モチーフのリアルな質感を表現しつつも、木材ならではの温かみを失ってしまわぬよう、そのバランスにはこだわって作品を制作されているのだと言います。

「marimacho」さんのギャラリーはこちら

指先に乗るような小さなアクセサリーから、胸に飾る、ビスケット大のブローチまで。丁寧に切り出された美しいフォルムと鮮やかな配色が、その作品の魅力になっていますが、普段、作品写真の撮影はどのように行われているのでしょうか。

marimacho
作品写真は、すべて一眼レフのカメラで撮影して、パソコンに取り込んで編集しています。照明など、それ以外の撮影器具を持っていないので、ちょうどいい自然光を狙って撮影していますが、梅雨時期のように天気の悪い日が続くと、本当に困っていました。

marimacho
やむを得ず、悪天候の中で撮った写真は編集が本当に大変で…。なので、基本的には天気のいい日にまとめて撮って、まとめて編集する、というサイクルになっていて、気軽にSNSで写真を上げたりすることが、なかなか難しいところでした。

Lightroomに触れてみる。

今回は、その編集をスマホアプリ「Lightroom」で行ってもらいます。スマホで作品写真の編集を行うのははじめてのことだそう。
 

◆ 「明るさ」「彩度」を調整して、作品の色味をよりリアルに。

宝石の形をしたカラフルなピアス。「明るさ」や「彩度」を調整することで、影になっている部分も含めて、色鮮やかな作品の実際の色味をよりリアルに表現することができました。

◆ 「テクスチャ」「コントラスト」を調整して、細かな線まで映えるように。

うちわの骨部分まで丁寧に彫られ加工された、夏らしいピアス。「テクスチャ」と「コントラスト」を調整することで、そんなディティールや質感がぐっと見やすくなっています。

◆ 「ジオメトリ」機能で、傾きや遠近感の補正を。

作品や台紙の傾きや遠近感を整えることで、より美しく、プロ品質の見事な構図に仕上がりました。また「明るさ」も調整し、屋外での使用もしっかりイメージすることができるようになっています。

marimacho
写真もサクサク読み込めて、なにより機能がたくさんあるので、本当にこれだけで満足な「仕上げ」ができるな、と感じました。逆に、たくさん機能がありすぎることで使いこなせるだろうか…と最初は少々不安もありましたが、右上のボタンから操作方法を検索することができるのがとっても便利で、手軽に直感的編集ができることが嬉しくなりました。

 

操作もスムーズに進められますよね。SNSの投稿などにも活かせそうでしょうか?
marimacho
そうですね。SNSは特に、スマホで撮影した写真に納得がいかず「やっぱり投稿はやめておこう」と諦めてことが多かったので、これからはInstagramやTwitterもたのしくなりそうです。

作品の魅力が、生き生きと。鮮やかに。

さらに、アクセサリー作家・POSPOSさんには「カラーミキサー」機能を使って、色鮮やかな作品の実際の色味をよりリアルに表現していただきました。

POS POS
手に取ってくださる方のためにも、なるべく実物と同じに見えるよう見比べながら撮影、編集をするようにしているのですが、実際に目にしたときに感じる、花やビーズの“奥行き”まで、しっかりと表現できるのが嬉しいですね。
「POS POS」さんのギャラリーはこちら

レザー作品を手がけるcrambox creatingさんは、普段から「Lightroom」を愛用されていると言います。レザー作品の写真編集でこだわられているのはどんな点でしょうか。

crambox creating
やはり、実際の作品の色味、質感がしっかりと伝えられるように、ということを常に考えていて、不自然な「補正」や「加工」をして、届いたあと「想像と違う」ということが起きないように注意を払っています。バージョンが上がるごとにより使いやすくなっているように感じますね。
crambox creating

繕う加工から、実際の魅力を引き出す“編集”へ

写真上でのみ理想の色味に仕上げる、足りない点を補完する…といった、繕うための「加工」には、きっといい出会いを呼ぶ力はないはず。
実物の色味、質感をしっかりと引き出す「編集」で、本来の魅力をたっぷりと伝えられる特別な1枚に仕上げましょう。

誰でも手軽に操作できる「Lightroom」アプリで、作品の魅力を「ちゃんと伝える」を始めてみませんか。

アプリをダウンロード


投稿キャンペーン「ちゃんと見せたい展」
ご自身で作られた作品やminneで購入した作品の写真をLightroomで編集し、
BEFORE&AFTERの2枚をSNS(Twitter・Instagram)でご投稿ください。
ご投稿いただいた中から素敵なお写真に関しては、Lightroom公式ページや「minneとものづくりと」にて掲載させていただきます。
応募期間:2020.7.31(金)〜 8.28(金)23:59まで
特設ページはこちら

取材・文 / 中前 結花  撮影(一部) / 真田 英幸