アクセサリーと雑貨作家・ツトラボさんの「かばんの中身」見せてもらいました。

minneでご活躍中の作家のみなさんに、「かばんの中身を見せてください」とお願いしてみました。ものづくりをされる方のかばんの中には何が入っているんでしょう。今回は、ツトラボさんのかばんの中身を見せていただきました。

柴犬をモチーフにしたアクセサリーや雑貨を手がけるツトラボさん。かばんの中は、ご自身の作品や、ネオンカラーや華やかなデザインが目を惹くアイテムでいっぱいでした。

ギャラリーを見る

かばんの中には…

わたしがものを選ぶとき、いちばん重要視しているポイントは「デザイン」。特にネオンカラーのようなインパクトのある色味や、「顔」がついているアイテムにはついつい惹かれてしまうんです。ちょっと“クセ”のあるものが好きだったりするので、かばんの中はいつも賑やかです。

ついついデザイン性を優先して、すこし使い勝手が悪いものも選んでしまうのですが、「かわいいから、まあいっか」と、なんだか許せてしまうんですよね(笑)。

【かばんの中身】
サンドイッチポーチ
・お財布
・お薬用ミニポーチ
・スマホ
・エコバッグ
・名刺入れ
ハンカチ
・裁縫箱
・ペン
・スケッチブック
フルオープンポーチ

ユニークで目を惹くデザインのポーチたち

お薬を入れるのにちょうどいいサイズのミニポーチ。小さいのに存在感のあるデザインがお気に入りで、頼もしい覆面レスラーがかばんの中でわたしを守ってくれている感じがします。
pu・pu・puさんのサンドイッチポーチは見た目のかわいさはもちろん、素材が帆布でつくられているので頑丈かつ、たくさん入れても形が崩れないところがお気に入り。化粧ポーチとして大活躍してくれています。

・pu・pu・puさんの「サンドイッチポーチ

ひときわ目立っている猫の財布は、なんとも言えない猫の表情と、パッと目を惹くネオンイエローがお気に入り。持っているだけでお買いものがとってもたのしくなります。
カセットテープそっくりのカードケースには、作家活動で使っている名刺を。シリコン製のがま口で、パチっと閉めるときの感触がとっても心地いいんです。

刺繍道具は小さなお弁当箱に

ちょっと近所のコンビニに…、といった数分の外出以外は、常に裁縫箱も持ち歩いています。使っているのはアルミ製のお弁当箱。実はこのキャラクターが、いったい誰なのかよく知らないまま使用しているのですが(笑)、レトロな雰囲気がかわいくてとても気に入っています。すこしでも時間があれば刺繍をしたいと思っているので、制作途中の作品と最低限の道具は欠かせないんです。
アイデアやメモを書き留めるスケッチブックとペンも必須道具。ネオンカラーのポーチがすっきりと文房具たちをまとめてくれています。

柴犬でいっぱい

ポーチやハンカチ、スマホケースは自分で制作したアイテムを。ツトラボの特徴とも言える「柴犬」が、どのアイテムにも登場しています。

・ツトラボさんの「UFOにさらわれる柴犬ハンカチ
・ツトラボさんの「フルオープンポーチ(いろんな柴犬)

使い勝手のいいフルオープンポーチには、自分の作品とともにお気に入りのアクセサリーをたくさん詰めて持ち歩いています。ポーチの裏地もとっても素敵で、開けるたびにワクワしてしまいます。

ツトラボさん作品

いつも選んでしまうのはリュック

小さい頃、「転んだときに手が空いてる方がケガをしない」と教わったことがよほど印象に残っているのか、大人になった今でも両手が自由にできるリュックで出かけることが多いわたし。

このリュックは、デザインはもちろん、たっぷり入る大きさもお気に入り。ハリのある生地で底もしっかりしているので、置いたときにクニャっとしないのもうれしいポイントなんです。実は同じものを2回も買ってしまいました(笑)。

ツトラボ
柴犬や猫をモチーフとした、持っているだけで優しい気持ち・楽しい気持ちになるアクセサリー・雑貨手がける。
https://minne.com/@tsutolab

次回の作家さんのかばんの中身もおたのしみに。

編集 / 中村瑛美里