なでたくなる、レザーの名刺入れ

作家さんの作品展やものづくりのイベントなどに立ち寄った際にいただくショップカード。いつもお財布に入れて保管していたのですが、気がづくとお財布がパンパンに…。この名刺入れは「いつか気軽に外出できるようになったら、またイベントに出かけられるように」という希望を込め、ショップカードの保管用として購入しました。

もつ
肉汁あふれる餃子の作り方を日々研究しているminneスタッフ。

シンプルで品のあるデザイン

・icchiさんのレザーの名刺入れ

せっかくカード入れを購入するのなら…と、永く使えそうなレザー素材のものを探していました。さらに飽きのこない、シンプルなデザインのものをと思っていたのですが、まさに“シンプル!”という言葉がぴったりなデザインを発見。絶妙なバランスで配置されているギボシと、どこか懐かしさを感じるカラーがお気に入り。

icchiさん
手にしたときに革の質感をたのしんでもらえるように、シンプルなデザインにしました。名刺入れの表側からは、縫い目が見えない作りになっていて、見た目にも革の質感を感じてもらえると思います。留め具はボタンを使わずにあえて真鍮のギボシを使用。さらに、サイドのコバ部分はダークブラウンで着色をほどこしています。ダークブラウンとグリーンは、われながら上品なコンビだなと感じています。

ギボシの下には小さく名前を入れていただきました。これだけで特別感が増し、さらに愛着がわきます。

やわらかな質感に感動

実際に作品を手にとってみて驚いたのが、想像以上にやわらかく、しっとりした手触りだったということ。レザーといえば、最初は硬くて使いにくく、時間とともにやわらかく馴染んでいくというイメージがあったので感動です。
icchiさんにレザーの魅力についてうかがってみました。

icchiさん
「育てる」という感覚がほかの素材にはない“良さ”かなと思います。新品のときの革のにおいも大好きなのですが、使い込んでいくうちにつやが出てきたり、知らないうちにつくキズやヨゴレさえも愛おしく思えたりします。なので、icchiの作品で使っているほとんどの革は、経年変化がたのしめるような革を厳選して使っております。たまにメンテナンスをしてあげると、なんとも言えない奥深い風合いに変化し、ますます愛着が沸くはずです。

これから、ますますいい色に変化していくのをたのしみに、大切に使っていきたいと思います。

「icchi」さんのギャラリーはこちら