わたしの定番アクセサリー vol.7「心が巡る、さりげなくエキゾチックなアイテム」

あれこれといくつも欲しくなり、気づけば増えてしまうアクセサリー。だけど、「これは」と自分の中でなんだか特別な“定番”のアイテムってありませんか。そんな「わたしなりの定番アクセサリー」をおしえてもらう連載企画。第7回目の今回ご紹介するのは、minneスタッフ・かずえのアイテムです。

世界の宝石を集めたよう

ビビッドなカラーに、女の子の憧れがぎゅっと詰まったようなフォルム。
こだわりのアクセサリーや持ちものに囲まれながらも、その印象はなんだかとってもヘルシーで親しみやすい。そんな同僚のスタッフ・かずえちゃんに、いつも身につけているアクセサリーについて聞いてみました。

集めて並べてみるとすごい。おもちゃ箱をひっくり返したみたいにたのしいのに、ひとつひとつをよく見ると、いろんな技術が込められていて。
かずえ
刺繍や、ワイヤー、いろんな素材のいろんな技法のものが集まっていますね。ファッションの主役になってくれるような、華やかなものを中心にピックアップしてみましたが、組み合わせ方次第では、大人っぽくもなるものが実は多いんです。

本当だ。落ち着いた色味の洋服と合わせると、大ぶりなブローチもすごく可憐で素敵ですね。
かずえ
中央のスワロフスキーも大人っぽく見えますよね。

 

なんだかどのアイテムにも、繊細な技法やエキゾチックな魅力をさりげなく感じてしまいます。

コーラルピンクとゴールドの魅力

「ピンク」はやっぱり元気をもらえますね。光沢のあるコーラルピンクは特に。
かずえ
この、ロングのタッセルピアスはすごく気に入っています。最近は髪を短くしていることもあって、ロングのデザインが映える気がして。まさにパキッとした色味なのでアクセントにもなりますし、動くたびに耳もとでさらさらとやわらかく揺れるのが本当にうれしい。

 

かずえちゃんらしくて、とっても似合ってると思います。
かずえ
褒められると、本当にずっと身につけていたくなっちゃいますね(笑)。
・「julico.design」さんの「ひだ襟ピアス」
https://minne.com/items/19435216

このピアスも、どこかの国のお姫様の宝石みたいですごくかわいい。顔が映りそうなぐらいピカピカです(笑)。
かずえ
ゴージャスですよね(笑)。これは、去年イベントで「カスタムオーダー」として注文したものなんです。ひとつひとつ、色やパーツを選ぶことができたので、このピンクとゴールドの絶妙な組み合わせが叶いました。めずらしい素材だし、身につけると本当に気分が上がっちゃいます。

 

うっとりしちゃうね。
・「MIII ESPEJO」さんの「ピアス」
https://minne.com/@miii-espejo

ゴールドも好きなんですか?
かずえ
ぱっと華やかさをプラスしてくれるので、ちょっと個性的なデザインのゴールドは重宝しますね。真ん中のリングはワイヤーの繊細さがお気に入りです。左側のパールのピアスは、キャッチャーの部分がお花になっていて、このデザインにひと目惚れしました。

 

アシンメトリーなのもいいですね。ヘアスタイルと組み合わせてアレンジするのもたのしそう。右側の猫ちゃんは、海外のアンティークパーツ見たいで素敵ですね。ちょっとご機嫌ナナメなのかな(笑)。
かずえ
不機嫌そうですよね(笑)。そこがなんとも愛おしく思えてしまって。フォルムとしてはシンプルなデザインなので、意外とどんなテイストの洋服にも合って重宝しています。朝バタバタとしていると、もうなにも考えずに、「これ!」という感じで(笑)。

 

ああ。そういう選ばれ方が不服なのかしら…(笑)。

逆に、身につけるシーンは選ぶけど、ぴたっとハマって主役になってくれそうなのが、刺繍ブローチですね。さりげないゴールドも素敵。
かずえ
まさにそうですね。無地のワンピースにワンポイントとしてつけることが多いんですが、本当に華やかになって。あとは、最近だとエコバッグなんかに付けるのも気に入っています。これからの季節は、ニットやストールにも付けるのもいいかな、なんて。

 

小物に付けるのもいいですね。
かずえ
この作家さんは、デンマークの手工芸学校に留学されていたそうで、そこで見た風景や景色が作品に落とし込まれているそうなんです。わたしもデンマークが大好きなので、身につけるたびに想いを馳せてしまうというか。

 

心を旅させてくれるなんて、最高のアイテムと出会ったね。
かずえ
本当にそう思うんですよね。
・「LYKKE」さんの「お花刺繍ブローチ」
https://minne.com/items/24051180

やわらかな色味の中にも個性

変わって、今度はやさしい色味。ベビーピンクのタッセルピアスは、同じロング丈でもすこし印象が変わりそうですね。
かずえ
なんだか「しだれ桜」みたいですよね。

 

ああ、たしかに。そう言われると、「日本」「和」を感じてしまいます。
かずえ
さりげなく見え隠れするパールや不思議な色のビーズのパーツもすごく気に入っていて。つけ心地の軽さは、刺繍作品ならではです。
・「Riie」さんの「ピアス」
https://minne.com/@gamusyara

絵本から飛び出してきたみたいな猫ちゃんも素敵。

どこかの国の絵画を想う

シンプルな色味のものでも、白やブルーのピアスは、髪色との組み合わせもあって、すごく印象に残りますよね。
かずえ
そうなんですよね。左端のレトロなピアスは、ヴィンテージショップで見つけたもの。よく見ると、薄めのエメラルドグリーンが混じっていて、この夏は、シンプルなトップスやワンピースと合わせて、よく身につけていました。

 

フレームも、名画の額縁みたいでいいね。
かずえ
ぐっと締まって見えますよね。このねじれのあるフレームもお気に入りポイントだったりします。

このブルーのピアスは、その額に収まっていそうな「名画」という感じ。混じり合う色がすごくアート的で不思議だね。
かずえ
小さいパーツの中に、よく見ると、本当にたくさんの色が混ざり合っていて。絶妙な風合いに、ついつい心奪われてしまいました。どれを見ても、この作家さんの作品はすごく色彩豊かで独特な世界観があるんです。美術館やアート巡りをするときなんかに身につけて行けば、どれだけ素敵だろう…と想像が膨らみますね。
・「タテヤマフユコ」さんの「ピアス(ブルー)」
https://minne.com/@taattt

身につけると、心が旅する

遠いデンマークや、海外のお城を思い浮かべたり、アート巡りの旅を連想したり。なんだか、どこか遠いところに出かけたくなるような、ちょっとエキゾチックで大胆な気持ちにさせてくれそうなアイテムが揃っていて、とてもたのしかったです。
かずえ
心が動いちゃいますよね。いつものTシャツやシンプルなブラウスなんかに袖を通していても、身につけるだけで、いろんな場所に想いを馳せてしまいます。

見てくれる人だけのためじゃなく、自分の気持ちを高めたり、心の中で旅したり。なんだかアクセサリーや身につけるものに無限の可能性を感じてしまう作品たちでした。
かずえ
どのアイテムにも、本当に元気や癒しをもらっている気がしますし、たとえば今年は特にそういうアイテムが頼りになりそうですね。

 

自分で自分をご機嫌にしてあげられる。かずえちゃんのヘルシーな印象は、そういうアイテム選びの賢さも、理由のひとつなのかもしれませんね。

 
これからも、定番のアイテムたちと永くいいお付き合いを。

かずえ
minneのLABスタッフ。かわいいものが大好き。毎日minneの作品を見てはにやにやしています。

取材・文 / 中前結花  撮影 / 真田英幸