深みのある色味が美しい、美濃焼リング

伝統的な技法や和テイストのデザインなど、“日本らしさ”を感じるアイテムが大好きです。その中でもいま、特に注目しているのが“焼きもの”。器にも興味がありますが、いつも身近に感じられるアクセサリーに心惹かれ、たくさんのアイテムを眺めています。今回紹介するのは、ちょっと不思議な引力を感じるリングです。

あいみん
つくることが好きなminneスタッフ。普段ビールをたしなみながら、ものづくりを楽しんでいます。

吸い込まれそうに美しい

・岐阜県美濃焼アクセサリー【popolo】さんの美濃焼多治見丸タイル指輪青色赤色

存在自体は知っていたものの、なかなか触れる機会がなかった「美濃焼」。
岐阜県美濃焼アクセサリー【popolo】さんのギャラリーを見て「こんなに美しいものだったんだ!」と衝撃を受けました。
シンプルなデザインながら、深みを感じる色味と、やわらかな表情…。すっかり美濃焼のとりこになってしまいました。

身につけたときに、いつでも視界に入るリングがいい!というのは直感で決まったものの、青と赤で迷ってしまい…結局2つとも購入することに。

岐阜県美濃焼アクセサリー【popolo】さん
1300年の歴史がある美濃焼は独特の色や風合いでタイルとしても多く使用されています。そんな歴史ある美濃焼ですが近年需要が減っており、美濃焼発祥の岐阜県多治見市では、さまざまなイベントや活動を行い、市全体で盛り上げようと頑張っています。現代風なアレンジを加えるなど、新たな顔を持ち始めた美濃焼はとても魅力的だと感じています。

タイルを活かしたデザイン

青色のリングは、宇宙のような神秘的な色合いが、はっとするほど美しい。
落ち着いて見えるのに、身につけるとすごく華やかで印象的な手もとを演出してくれます。

赤色のリングは、こっくりとした色味がとても綺麗で、肌の色にも馴染みます。
ネイルとのコーディネートもとてもたのしく、おうち時間増えたいま、家でもよく身につけています。
どちらも美濃焼を活かしたシンプルなデザインがとても魅力的で、焼きもの好きなわたしをすっかり魅了してくれています。

岐阜県美濃焼アクセサリー【popolo】さん
焼きものというとどこか古めかしく、時代遅れのようなイメージがあるかもしれませんが、それを現在のファッションに取り入れて使っていただけるよう、シンプルかつアクセントになるような色やデザイン、思い切ったサイズ感で作品に仕上げています。焼きものの風合いを、じっくりとたのしんでいただけたらうれしいです。

身につけるだけで気分を上げてくれる、焼きものリング。
おうち時間も、手もとを眺めるのがたのしくなってしまいました。

「岐阜県美濃焼アクセサリー【popolo】」さんのギャラリーはこちら