やさしく灯る「小さな星のランプシェード」

お部屋のインテリアにはもちろん、クリスマスのオーナメントにもぴったりの「ランプシェード」のつくり方をご紹介します。かわいらしい小さな星たちが空間をやさしく灯してくれますよ。

レシピ提供・撮影:パジコ
UV-LED レジン「星の雫」や樹脂粘土「モデナ」など、作り手から愛される数々の手芸素材で知られるブランド。PADICOのウェブサイト内「Recipes」ではさまざまな作品レシピを公開中。
https://www.padico.co.jp/recipes/

 

用意するものはこちら

・マーメイドパフィー(ホワイト)
・イルミネーションライト 
・クリアホルダー
・テクスチャーシート(木目)
・粘土カッター
・抜き型(星)
・ボンド
・のし棒
・アートプレッサー
・モールドオイル

ランプの傘をつくる

「マーメイドパフィー」をこぶし大に取り、よく練って、のし棒でのばします。

「テクスチャーシート」を乗せ、「アートプレッサー」で押し付け、木目をつけます。

木目がついた様子。

木目模様がつぶれないように注意しながら、粘土カッターで扇状にカットします。

上の部分からライトのコードを出すので、写真のようにすこしカットしてください。

抜き型でお好みの位置に2ヶ所、星型を抜きます。

電球を覆う

側面にボンドを塗ります。

イルミネーションライトの電球を覆いながら、円錐になるように接着します。

境目を指でなじませます。

電球の数だけ、繰り返してつくります。

1日ほど乾燥させれば、小さな星のランプシェードの完成です。

粘土ならではの風合い、あたたかみとともに、やさしい灯りをたのしむことができますよ。お好みの電球サイズに合わせて調整しながら手軽につくることができますので、ぜひチャレンジしてみてくださいね。

 
マーメイドパフィーなど材料の詳細については、PADICOウェブサイトをご覧ください。

PADICOの製品情報はこちら

 
編集 / 西巻香織